キャンプでクマによる被害を防ぐ為の対策を実例と共に考える

キャンプ
スポンサーリンク

キャンプでは安全面に関しては

ある程度利用する個々に任されている所があります

 

だからこそ安全に対する意識は

自分自身で持っていないといけません

このブログでも少し触れた事がありますので

興味のある方はコチラから👇

キャンプ場での危険リスクはどのようなものがあるのか? 
心の片隅にでも置いておいて欲しい!! とっても楽しいキャンプではありますが やはり皆さんのブログとかを見ていても時として危険にさらされる時がありますよね。 実際に自分もキャンプ始めてまだ1年という所ですがマジで危なかったな~と思う...

 

盗難や火災等の人的な被害

また河川の増水や突風等の自然災害

その中でも今回は

今年もやはり出てしまったクマによる被害について書いてみたいと思います

実際に起こった熊による被害

皆さんも記憶に新しい

長野県の小梨平キャンプ場で起こった熊による被害を振り返ってみる

 

実はこのキャンプ場では被害が発生した

8月8日以前にも7月末頃からキャンプ場内での

熊の目撃情報が寄せられていました

 

8月8日の夜

被害に合われたのは50代の女性

翌日からハイキングを楽しむ目的で

キャンプ場を利用していたと言います

 

キャンプ場で友人と合流して

トイレの近くのサイトにそれぞれひとり用のテントを設営して18時には就寝した

 

そしてその夜23時半ごろ

テント内で就寝していると

テントを引っ張られるのを感じて目を覚ました女性

 

最初はゆっくりと引っ張られるような感じであったが

途中から動きが激しくなりテントを設営していた所から

20メートル先のトイレの裏手まで一気にテントごと引きずられた

 

そして一旦動きが落ち着いたと思った矢先に

突然テントを切り裂かれた

その際にこの女性は足を引っ掻かれているのですが

恐怖で痛みは感じなかったと言う

 

その後切り裂かれたテント内で身動きが取れなかったが

熊の動きが一旦動きが落ち着いたのを見て

逃げれるのか?動かないほうが良いのか?

どうしようか迷ったようですが

隙を見てをトイレに逃げ込んだ

 

逃げ込んだ後にたまたまトイレに来た男性に助けを求め

その後病院に搬送され事なきを得たと言う

 

また今回被害にあわれた方は8月8日の深夜に熊に襲われたのですが

驚くことに8月8日の朝方にも

実は人的な被害は無かった為

報道はされていませんが

家族連れのテントを熊によって荒らされる被害も出ていた

要するに8月8日だけで2回も熊による被害が出ていたんです!!

 

今回の一件に関しての時系列での流れはコチラに詳しく書かれています👇

高地森のリゾート小梨

 

今回は結果的にトイレに逃げ込めた事により

奇跡的に助かったのかなとも思います

 

熊による被害を防ぐには?

ゴミの片付けはマストです!!

まずは食べ物等のゴミの片付け

コレはもちろん最低限やらなくてはいけない事です

確かにキャンプの夜と言うと

お酒も入って食後の片付けは面倒くさいものですが

被害に合わない為にもしっかりと行いましょう!!

 

ちなみに今回の長野での被害に合われた方は

テント内でビニール袋に食材を入れて

管理をしていた様です

もしかしたら熊がテント内に食材があると

認識していて襲われた可能性もあると言います・・・

ファスナーはしっかりと締める

今回の様にテントごと引き裂かれてしまうとお手上げなんですが

基本的にファスナーは必ず締めておく事も大切です

 

実際にファスナーを少し開けた状態で

テントを離れてしまい、しばらくして戻ったら

猿がテント内に入っていて

めちゃくちゃに荒らされていたと言う事例もあります

 

自分も寝る際はファスナーを締めて

食材やゴミに関しても

テント内に入れ込んで寝ています

単独行動は控える

登山とかでの注意点になるかもしれませんが

キャンプでも当てはまるので書いておきます

 

人間よりも熊の方が人を察知する能力は高く

熊などもあえて人の気配のする場所には近づいては来ません

だからこそ熊よけの鈴を付けたりするんです

なので熊が出やすい地域では

なるべく単独行動は避けて集団で活動するのがベストです

撃退スプレーを準備しておく

最悪熊に遭遇してしまった時の事を考えて

クマ撃退スプレーを持っておきましょう👇

 

想像していたよりめっちゃ高い(^^;

でも熊が出没する地帯では

登山やキャンプだけでなく

林業の関係者なども保険として

熊撃退スプレーを持参されるみたいです

 

スプレーには唐辛子のカプサイシン等の刺激成分が入っている為

熊の粘膜目、鼻、口に入る事でかなりの効果が期待できます

間違えても室内で”試しにちょっと・・・”なんて感じで

試射するような事はやってはいけませんよ!!

 

直接目に入らなくても2,3日は痛みが引かないくらい強烈らしいです(^^;

あとがき

自分が住む九州地方では熊は絶滅したと言われている為

個人的にはそこまで警戒はしていません!!

 

でも今回実際に調べてみて感じたのは

怖い・・・

自分でブログ書きながら怖いって思ったの初めてですよ!!

だから画像だけでも少しかわいいのを貼り付けました(^^;)

 

ですが実際に熊が活発になるのは

春から秋にかけての1番キャンプが盛り上がる時期でもあります

熊だけでなく獣対策をしっかりと行って

キャンプを楽しみましょう!!

タイトルとURLをコピーしました