キャンプで手軽に出来る寒さ対策はどんなものがあるのか?

キャンプお役立ち情報
スポンサーリンク

いよいよ冬本番という感じですね!

九州でも最低気温が5°を下回る位寒くなってきました。

 

それでもずっと家にこもれる訳じゃないし、キャンプも行きたい!

でもキャンプってそんなに動き回るイメージもないし、実際に動き回らないし

寒さ対策はかなりしておかないと

ただただ寒かったで終わってしまいそう。

 

実際に12月にキャンプに行ってきて

実施した寒さ対策や

感じた事を書いてみたいと思います!!

九州といえども山間部は寒いんですよ~

 

ちなみにストーブや電気を使用する物は一切使いませんでしたが

意外と快適に過ごせましたよ!!

 

手軽に出来る暖かさ対策

底冷え対策が必須!!

日中はそこまで感じなかったのですが

夜と特に朝は足が痛いくらい地面が冷たかった(^_^;)

 

自分は基本コットを使用している為

テントの中では常にコットの上で過ごしていたので

まだ地面が冷たくても耐えられましたが

コットが無かったら間違いなく

車中泊してたでしょうね~

 

1年を通してマジでおすすめします👇

 

コットの上にこれ敷いています

マットで更に冷気を遮断する!!

 

 

簡単にできる底冷え対策

・ダンボールを敷く

これは間違いないですよね

職場で仮眠する時床が冷たいからダンボール敷いて寝てましたので

これは間違いないです!!

お金がかからない対策としては1番ダンボールがベストなのではないでしょうか?

ただちょっと車内では邪魔になりそう(^_^;)

 

あとは普段キャンプで敷いている物があれば

+αで上にラグを敷いたりしないと間違いなく寒い!!

 

コンパクトに折りたためるラグ

 

それと次回絶対に持って行きたいのがスリッパ!!

これ無いとテント内での移動が苦痛でした

 

イスと寝袋には毛布が効果的!!

テントの外で長時間を過ごすイス

意外とメッシュになっていて前回もちょっと寒かったです

 

そこで今回はこんな感じで

ひざ掛け毛布を巻いてみました

これだけで結構寒さが変わりますので

是非お試しあれ!!

 

寝袋の中には毛布を入れ込みました

自分寝る時Tシャツとパンツ(下着の方)じゃないと

眠れないので

絶対に寒いと思って毛布を入れてみました

これも大正解

夜中毛布が寝袋内でずれて起きちゃったくらい

持って行ってなかったら寝れなかったかも・・・

 

あとは首元が寒かったので

寝袋の上から着ていたダウンをかけたら

本当に全くストレスが無いくらい温かく眠ることが出来ました!!

 

とにかく焚火!!

やっぱり冬は焚き火が最高ですね

本当にあったかかった

キャンプの受付で

薪一束しか頼まなかったら

えっ!!大丈夫??て顔されましたから

 

昼から焚き火している人も多くいましたね

自分もとりあえず一束の薪を夜ちびちび燃やして

暖をとっていました

 

一番最高だったのは炭になってからでしたね

足元に近づけてほんとに暖かかったです

 

お金を出せば簡単に暖かくなりますが

お金もないし・・・

12月キャンプはこんな感じの寒さ対策で乗り切れました

 

でも辛い思いするくらいなら

思い切ってオートサイトっていう選択肢もありますよ!!

普通に電気使えますからね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました