実はこの1年ほとんどやってなかったけど、ロードバイク(自転車)のチェーン清掃しないとどうなるの?

ロードバイク豆知識
スポンサーリンク

今まで見て見ぬふりしていましたが(^_^;)

ロードバイクのチェーンに関しては

1年前は本当に綺麗だったな~

ピカピカでした!!

当たり前ですがね(^^;)

 

でも今となれば・・・真っ黒・・・

とてもじゃないけど触れられませんよ

 

なんか黒い汚れがあるな~という認識はあったのですが

あくまでも注油の油汚れだから

見た目は悪いけど取らなくてもいいんじゃない?

なんて考えていました(^_^;)

 

実際にどうなんでしょう?

この黒い汚れって放置することによって

悪影響はあるのでしょうか?

 

ただ最近関係ないかもしれませんがペダリングがイマイチしっくりこなかったし

ギアチェンジもスムーズに行かない気がしたので

本当に久しぶりに汚れを取ってみました。

ていうか写真撮っておけば良かったですね・・・

 

あっ、でも皆さんのように本格的にではないですよ(◎_◎;)

本格派の方は灯油を使ったりされていますね~

youtubeとかでも見ましたがめっちゃ綺麗になりますね!!

 

自分はというと・・・

あくまでもブラシでこすっただけ!!

それでも結構きれいになりました\(^o^)/

 

ではでは本題に戻りまして

あの汚れは果たして放置していていいのでしょうか?

チェーンの黒い汚れの正体

 

あの黒い汚れの正体を調べた所どうやら2つに分類出来るようだ。

 

1.金属摩耗による削れカス

こちらに関しては実際にあの黒い汚れをスプロケットから取って

それを水で溶かし磁石でどの位

金属のカスが付くのかというのを

実験されている記事を見ました。

それがこちらです👇

ワイズロード:府中多摩川店さん

ワイズロードさん素晴らしい実験されていますね!!

うちの地元にはワイズロードないけど行ってみたいな~

 

この記事を見るとかなりの量の

金属摩耗によるカスが付いている事が

分かりますよね?

ダダの油汚れが黒くなっただけだと思っていましたが

実は金属カスが大量に混じっていたなんて・・・

 

という事はですよ!!

金属のカスが混ざっているあの黒い汚れをそのままにしておくと

必然的にギアとチェーンの摩耗スピードをあげてしまうという事なんですね(^_^;)

 

2.細かいチリ、ゴミ、砂

これに関してはある程度予想が出来ていました、ロードバイクでは積極的には砂利道等は走らないと思いますが

少なからず道路でもごみやチリなどの汚れは付くでしょうね~

 

結果として分かった事は

『金属摩耗によるカス』

『ちり、ゴミ、砂』

この2つがチェーンやギアに塗った油と混ざり合うことでチェーンが黒くなるんですね。

因みにチリとかよりも圧倒的に金属粉の方があの黒い汚れの中には多く含まれているようです!!

1年ぶりにチェーン掃除するか・・・

ワイズロードさんの記事見てからダイソーで即行これ買いました👇

一番肝心な

掃除している風景は写真撮るの忘れていました(^_^;)

 

このワイヤーブラシ間違いなくロードバイク用じゃないですね!!

でも必死で磨きましたもんね~

 

ただ・・・

 

自分はバカなんですかね?

ベランダで裸足でやっていたから

足の裏がとんでもない事になりました!

 

脂交じりのあの黒い汚れが

びっしり足の裏にくっついていました(-_-;)

 

とりあえず風呂場で洗いましたが

あれしばらく取れませんでしたね~(^_^;)

風呂場も真っ黒にしちゃったし

本当に2度手間!!

 

実際にチェーンとかの汚れを取ってみて

気持ち的な問題もあるかもしれませんが

やっぱりペダリングもギアチェンジも

なんか軽やかな感じがするんですよね~

 

皆さんは定期的にされている事と思いますが

メンテナンスは大事ですね!!

タイトルとURLをコピーしました