セミの一生が儚くて・・・ちょっと泣きそうになったよ

エンタメ
スポンサーリンク

セミの一生は儚い・・・

 

たまたま先日ロードバイクでツーリングしていて

休憩する為に座ろうと思ったら

セミの抜け殻を見つけたんですよ

 

今年は梅雨の期間が長かった事もあり

なかなかセミの鳴き声を聞く事もなかった

でももうそんな季節なんですね(^^;)

 

それで次の日家でダラダラしていたら

急に雨が降り出したので慌ててベランダの窓を締めようと思って

ふとベランダを見たらセミの死骸を見つけたんです

 

なんかその時に冒頭の言葉が頭をよぎったんです

 

『セミの一生は儚い』のかなと・・・

セミの一生・・・実は1週間ではない!!

セミ=1週間しか生きられない

自分の中ではこんなイメージがある

昔からこういう風に言われていますよね?

 

だからこそ今年は鳴き声も聞こえないまま

死んでしまったセミを見て余計に儚く思えた

 

でも実は近年の研究で

セミはカラスなどの天敵に捕まらない限り

実は1週間以上生きられるんだとか

なにもなければ1カ月くらい生きられるそうです

昆虫類は基本的に短命だったんですね・・・

セミって考えた事もありませんでしたが

昆虫の一種なんですって!!

 

そして昆虫と言ったら蝶やカブトムシなどが思い浮かびますが

蝶で言うとモンシロチョウは時期にもよるみたいですが

成虫になってからは約2週間

卵の状態から考えても大体2ヶ月くらいしか生きられない

だから春に見たモンシロチョウの子供を

僕らは夏に見ているって事ですね

 

カブトムシの寿命は成虫になってから約1ヶ月~3ヶ月

幼虫時代を含めて約1年と言われています

 

そう考えたら昆虫の一生は全て儚いモノなのかもしれない

 

さっきお酒飲んだから酔っ払ってるのかな・・・??

 

なんか急に感情が高ぶってきた

ちょっと泣きそう・・・

セミの一生を振り返ってみましょう!!

そして本題であるセミについてなんですが

セミに関しては成虫になってからは先ほども書きましたが

1週間~1か月程度生きられると言われています

 

でもここからが驚くべきところ!!

 

実はセミに関しては幼虫の期間が他の昆虫に比べると長いんです

 

セミの幼虫期間は短くても3年あると言われています

有名なアブラゼミは約6年

そして最も長いセミで言うと

ジュウシチネンゼミと言うセミに関しては17年間も幼虫の期間があるですって(^^;)

 

しかし幼虫の期間は地上ではなく地下の土の中で過ごし

地下生活では木の根から樹液を吸って過ごしているんだとか

セミが地上に出てわずかな時間でする事とは?

長い長い地下での生活を終えて

ようやく地上に出てきたセミですが

わずか1ヶ月しかない地上生活でセミがする事は一体何なんでしょうか?

 

答えは子どもを作る事!!

 

人間だったら考えられない事ですよね

長きにわたる地下生活を経て

普通だったら遊びたいですよ

ゆっくりしていたいですよ

 

でもセミは地上に出て精いっぱいの声で鳴いて

オスはメスと、メスはオスと出会って

卵を産んでほどなくして死んでしまうんです

 

セミにとって地上に出て子孫を増やす

次の世代にバトンをつなぐ

セミの一生はそれだけなんですね

 

何だかそう考えたら急にセミって言うか

昆虫自体を大切にしたいなって思った

あとがき

今回セミの一生は儚いという事で色々な資料を見ていたら

更に儚い昆虫がいました

 

それはカゲロウと言う水生昆虫

 

カゲロウは成虫になって数時間の命しかないんです

1日も生きれないんです

 

昆虫は子孫繁栄の為に精いっぱい短い時間で生きる

人間は一体何なんだろう?

結局昆虫だけでなく人間も

子孫繁栄の為に生きているんですかね?

答えは出ませんが考えさせられるそんな今日この頃です!!

タイトルとURLをコピーしました