コロナ禍のサイクリング、気を付けたいポイントやガイドラインはあるの?

サイクリストの日常
スポンサーリンク

コロナの影響で自転車が例年よりも

売り上げが伸びていると言う報道をよく見かけるようになりました

 

そして実際に先日も調べましたが

自転車通勤を選択する方がかなり増えていました!!

自転車通勤のメリット・デメリット、自転車通勤でも交通費が貰える?!
近年では健康志向の高まりによって 自転車通勤を選択される方が 緩やかに増え始めて来ているようです 緩やかに増えていたはずなのに・・・ 今回のコロナ流行がきっかけで 自転車通勤をする方が爆増している!! これは日本だけ...

 

何故自転車が売れているかと言うと

先ほども書きましたが自転車通勤が増えた事

そしてもう1つの要因がテレワークが進んでいる事によって運動不足を解消する為に

ジョギングやサイクリングを始める人が増えていると言うのです!!

 

確かに電車通勤に比べれば自転車の方が感染リスクは少ないし

運動不足解消にもサイクリングと言うのは

一人で出来て密にもならない

コロナ禍の今のご時世には良いのかもしれませんね(^^;)

 

と言う訳で今回はより安全に自転車に乗るために

コロナ禍のサイクリングについて書いてみたいと思います!!

 

コロナ禍のサイクリングの注意点

サイクリング時のガイドラインはある?

自分の様な素人が考えた注意点では

皆さんも納得出来ないと思いましたので

コロナ禍での自転車利用に関するガイドラインはないモノかと探していたら

ガイドラインでは無いのですが

日本サイクルスポーツ振興会さんが提言されているものがありました

それがコチラ👇

▼屋外サイクリングについての提言

1.地方自治体から発信されている方針を確認してから行いましょう。

2.可能な限り、人通りの少ない場所を選びましょう。

3.体調が悪い場合、また、10 日以内に同居の家族など近しい人に

 体調が悪い人が居た場合は、グループ走行への参加は控えましょう。

4.気温が高い日は熱中症にも注意しましょう。

5.食べ物や飲み物はなるべく携行しましょう。

6.コンビニ等の店舗に寄る場合は必ずマスクを着用しましょう。

7.帰宅後はすぐにシャワーを浴びて、ウェアはすぐに洗濯しましょう。

出典:日本サイクルスポーツ振興会

何となく予想通りの内容ではありますね(^^;)

でもコロナ禍でサイクリングを楽しむためには押さえておきたい内容です!!

呼吸による飛沫感染に注意しましょう!!

またサイクリング中は例え話しをしていなくても

呼吸による飛沫感染のリスクがある為との事

ちょっと厄介ですね・・・

 

確かに全力で漕いだら息もあがりますので

呼吸による飛沫は飛ぶでしょう

 

自転車のロードレース関連の他のガイドラインも見ましたが

”練習中やクールダウン中はなるべく縦に連なって走らない様に”

と言う記載もありました

 

コレも呼吸による飛沫感染のリスクを減らす為だそうです

 

さすがにレース中はそんな事も言ってられないのでしょうが

呼吸による飛沫感染を避けるために

走る場合は並列走行か斜め後を走る様にという事です

 

ただ覚えておいていただきたいのですが

基本的に競技場でない一般道では

自転車の並列運転は禁止なんです!!

学生時代とか自転車通学で友達と話しながら

並走して帰っていましたがあれもダメなんです!!

 

調べてみたら自転車並列走行可能な道路標識もある様ですが👇

出典:ライブドアニュース

でもこの標識現在では全国に2カ所しかないらしいです・・・

こんな激レアな道路でしか並列走行は許されていません!!

 

かと言って斜め後ろを走るのも邪魔になりそう

だから結局前方を走る自転車とは

ある程度のソーシャルディスタンスを保って走る

これしかないのかもしれませんね(^^;)

寄り道ライドは控えましょう!!

後もう一つ

なるべく途中で店舗等には立ち寄らないと言う事も大事です

 

でも個人的にサイクリングの醍醐味は

途中にフラリと寄り道する事だったのですが・・・

コロナ禍のサイクリングではダメなんですね!!

あとがき

自転車通勤が増え、また自転車の需要が上がっていると言う事は

コロナ禍でロードバイク始めた方もいるんでしょうね~

 

今はマスクをしないとイケない場面もあるでしょうし

何かと気を使う事も多いかもしれませんが

個人的にサイクリングと言うのは

最高の気分転換であり最高の運動不足解消だと思います!!

 

またいつか何も考えずにフラリと

ランチライドにでも行きたいな~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました