友人の結婚式が直前で延期になった・・・、コロナ禍の結婚式のリアルな現状と自分の本音

雑記
スポンサーリンク

昨年末(2019年)に以前の職場で

本当にお世話になった同僚A君から

『来年(2020年)の5月に結婚式を挙げるので参加してくれませんか?』と言うお誘いの連絡がありました

 

元同僚のA君は

誠実で真面目、何よりも相手への思いやりがある人

今回は自分にしては珍しく本当にお祝いしたかったので

二つ返事で了解をしたんです

 

しかし2020年の今年はまさかのコロナウィルス大流行・・・

 

A君から2020年4月

悩んだ末に結婚式を延期するとの連絡がありました

あの頃は本当に外出自体控えて下さいと言うレベルでしたからね

延期すると言う判断を下したんだと思います

 

その後しばらく連絡も無くて

すっかり結婚式の事も忘れていたんですが

6月に入ってから再び連絡があります

『延期していた結婚式を8月末ににやろうと思うのですが参加は可能でしょうか?』と

6月の最初の頃は東京のコロナ感染者も1桁位まで減っていた事もあり

このタイミングで日程を再度決めたんだと思う

 

この時も二つ返事で了解をしたんですが・・・

 

ご存知の通り7月に入ってから

コロナウィルスが再び爆発的に増えてきたんですよね

正直かなり複雑です

本当にA君はいい奴ですし

お祝いもしたいけど

正直知らない人が多く集まる結婚式の参加も怖い

 

しかし結婚式を1週間前に控えたある日

A君から連絡が

『結婚式が再度延期になりました・・・』

当人同士はやりたかった様ですが

親御さんから猛烈な反対があり

急遽取りやめたそうです

 

A君もずっと平謝りでした

連絡があった日はいつもはおしゃべりが好きで

電話等でも長話になるのですが

この後何十人とまだ延期の連絡をしないとイケない事もあり

さすがに早々とやりとりは終了しました

 

結婚式って想像以上に色々な準備があって

式場の方と何度も打合せして

結構大変なんです

 

そして今年はコロナの流行によって

2回も延期になるなんて・・・

 

前置きが長くなりましたが

コロナ禍の結婚式っていったいどんな物なんでしょう?

招待状もコロナ仕様

招待状に関しては自分も実際に貰いました

通常通りの招待状とは別に

式場の感染対策についてや

当日のマスク着用のお願い等が書かれた紙が入っていました

 

また参加の可否のハガキに関しても

コロナ禍での結婚式の参列を悩む方も多いだろうと言う事で

返信期限をギリギリまで延ばしたそうです

 

結婚式も感染対策が盛りだくさん

今回結婚式を延期した友人に後日話を聞いたり

実際にコロナ禍の結婚式を挙げた方のブログ等を見ましたが

コロナ禍の結婚式はやはり通常の結婚式とは違います

 

受付での感染対策

受付にアルコール消毒液等を設置して

従来通り受付をしている方も居ますが

やはり受付やロビー、控室等はどうしても密になりやすい

 

特に久しぶりに集まった友人などとは昔話に花が咲くことでしょう

ただこの受付での人の密集を避ける為に

親族、友人、職場関係などでグループ分けをして

時間帯をずらして受付をしたり

新郎新婦で受付場所を分けたり

結婚式の当日ではなく事前に祝儀の受付をして当日は

式場に到着したらそのまま席に案内すると言うシステムもあるようです

 

結婚式での3密対策

結婚式はいかんせん密になる場合が多くなります

例えば結婚式で1番盛り上がるシーンと言えば

ウエディングケーキを新婦が新郎にお互いに食べさせ合う

”ファーストバイト”と言うものがあります

 

あの瞬間は皆が新郎新婦を取り囲んで

写真を撮ると言う光景をよく見かけますよね?

でも3密を避ける為

コロナ禍の結婚式では基本的にあの光景も見られないようです・・・

 

後は写真撮影の際に式場スタッフの方に頼んで

写真撮影してもらう事も今は出来ません

 

また新郎、新婦の親御さんが各テーブルで

お酌してついで回る事も一般的ですが

その行為も控えて下さいとの事でした

 

またテーブル等も通常であれば6人座れるテーブルでも4人に減らしたり

さまざまな対策が必要なんだとか

参加者に関しても基本的にマスク着用でさすがに新郎新婦はマスクをしない様です

 

なんだか制限がありすぎてちょっと疲れちゃいますよね(^^;)

コロナ禍の結婚式に招待された自分の本音

実際にもし結婚式が予定通り行われるのであれば

自分は出席するつもりでした

それは新郎のA君を本当に心から祝福したい気持ちがあるからです

 

たぶんA君じゃなかったら

と言うか思い入れのない人の結婚式だったら

さすがにコロナ禍の今のご時世

わざわざ人が集まる結婚式には出たくないので

お断りしていたと思う

 

でもお祝いしたい気持ちの反面

ただ延期の連絡を貰って少しホッとしている自分がいるのも事実です

 

今回結婚式の再再延期を決断した自分の友人も言っていましたが

毎日コロナ関連のニュースが流れるたびに気持ちが重くなって

両親からの反対もあるし

本当に悩んだし苦しい決断だったと

 

今年はもう結婚式は諦めたと言っていたので

来年、再来年かな?

 

色々な意見があるとは思います

ブライダル関係者さんや今年結婚式をされる方には申し訳ないのですが

あくまでも個人的な意見を言わせてもらうと

無理して、いろいろな制約がある中で今やるよりは

延期と言う決断をしたA君を自分は支持したい

 

そしていつの日か苦しんだこの日々の分

盛大にお祝いをさせてもらいますよ!!

タイトルとURLをコピーしました