焚火もBBQもこれ1台でやってます、ユニフレームの焚火台ファイアグリルにそっくりな?わたくしの焚火台! 炭の簡単火おこし法も教えます!!

キャンプギアレビュー
スポンサーリンク

キャンプの夜のお供といえばこれ!!

皆さんのキャンプブログを見て

1番憧れたのはやはり夜のお楽しみ

焚き火

キャンプデビュー前は皆さんも憧れませんでしたか?

 

頭をからっぽにして

ただただ焚き火の日を眺める

 

そして夜空を見上げると満天の星

 

それを見ながら煙草を一服・・・

 

マジで最高です!!

 

個人的には焚き火の日か消えて炭だけになって

その薄暗い明りで過ごす時間がたまらなく好きです。

 

 

他のサイトではランタンと併用して

焚き火してる方が多いですが

自分はランタンを消して

焚き火だけで時間を過ごす時もあります。

 

凄く神秘的で優雅な時間ですね~

 

基本的に一人で好きな物食べて~

お酒飲んで~

お菓子食べて~

ラジオや音楽を聞いて~

焚き火見ながらひたすらぼーっとしてます

本当に幸せなひとときですね!!

 

さっそく焚き火台探しスタート!!

自分の場合予算の都合上

焚き火台兼調理台も兼ねています

調理と言ってもね~

バーベキューくらいしかやってませんが・・・

 

基本的に一人なので小さいのでもいいかな~と思ったのですが

やはりまたいつもの大は小を兼ねるという

発想で自分が選んだのはこちら!

 

f:id:kiminotebokunote:20190917143106j:plain

袋に入っている状態
意外とコンパクトになるので持ち運びやすい
ついでにBBQ、焚き火で使うトングやら火ばさみやらもこのバックに入れています

f:id:kiminotebokunote:20190917143120j:plain

土台となる部品を広げるとこんな感じ
意外と安定感はあるんですよね~

意外って言うな!!

f:id:kiminotebokunote:20190917143401j:plain

焚火台、一回使うと大体こんな色になります
最初に使った時は焦りましたがこうなるのが普通見たいです
ピカピカの焚火台より全然カッコいいでしょ?

f:id:kiminotebokunote:20190917143623j:plain

完成状態がコチラ!!

使い勝手に関しては何の問題もありません

初めての焚火台なので比較はできませんがめっちゃ満足しています!!

今人気の焚火台は??

もう少しお金出したら結構有名な焚き火台も買えます

人気があるのはユニフレームの焚き火台

自分が買ったやつもユニフレームのとほぼ同じような形をしています

改めてみるとめちゃ似てる!!!

 

 

ソロキャンプの方が結構使っている

コンパクトで調理も出来るのはこのタイプです。

 
ソロキャンパー達が結構使っています

Youtubeとかにも結構乗っていて使い勝手もよさそうですが

自分は大きいのが良かったのでパス

しかも自分のより高いではありませんか!!

キャンプ用品はブランド?ノーブランド?
ブランドという物は… 20代の頃はなんでしょうね~ かっこよく見せたい、見栄を張りたいという気持ちがあたんでしょうか ブランド物とかに人並みにはのこだわりがあり服とかにお金を使っていました 30代の後半からですかね~ ...

 

結果的に自分の焚火台は無名のメーカーではありますが、

個人的には何の問題なく十分快適に使用しています。

簡単に火起こしをする方法

自分がいつもやっている

超簡単ほったらかし着火方法は簡単3ステップです!!

①焚き火用の薪を一番下に置く

薪の中でもなるべく小さめの薪をチョイスして置いています。

ちなみに以前薪がデカすぎて置けなかったこともありましたが

普通に火おこしは出来ました

もしかしたら要らないかも(^^;)

一応ほぼ毎回薪は置くようにしていますけどね!!

 

②薪の上に覆いかぶせるように炭を置きます

なるべく炭で山を作る感じに重ねて置いていきます!!

個人的にはなるべく火が付きにくそうな大きめの炭を中央に並べています。

小さめの炭は意外とあっさり火が付きますからね!!

 

③着火剤をひとかけら薪の上に置き火を付けます。

薪の上には炭があるんじゃないの??

はてなマークが出るのは分かります

何故なら作った炭の山を部分的にどけて

着火剤を置くんですから・・・

 

結局また炭をどけるんかい!!

 

確かに意味ない行動ですが毎回やってしまう(^_^;)

一応着火剤薪についちゃえば完全に勝利宣言をしてもいいでしょう!!

 

後は30分くらいほったらかしです

勝手に火がついてくれます。

 

ワンポイントアドバイス!!

出来るだけ炭に火が付いたら

その日の上に覆いかぶせるように炭を置いていきましょう。

炭の山の内部で火が燃えている感じがベストですね!!

 

後は普通に肉でも焼いちゃえば肉の油パワーで安泰ですよ!!

 

 

最初のうちは頑張ってうちわであおいだり、着火剤を足したりしていましたが

肉とか焼いているうちに炭に十分に火が通りますので基本的にはほったらかしでOK

あくまで個人的にやっている方法ですが・・・

ちなみに先日焼肉しなかった時もこの方法で普通に火おこしに成功しました!!

f:id:kiminotebokunote:20190917143816j:plain

炭で山を作るイメージはこんな感じです!!
開始直後から炭から断続的に煙が出てくる
着火剤置いているから当たり前ですが・・・

 

 

f:id:kiminotebokunote:20190917143939j:plain

15分くらいしたら火がついてきた!!
後は火の上に炭を置いて炭の山の中で火がいきわたるのを少し待つ
(焼く10分ぐらい)

f:id:kiminotebokunote:20190917144055j:plain

後はとりあえず肉を食らう
お肉の油でさらに火力アップ!!

f:id:kiminotebokunote:20190917144224j:plain

食べ始めて数分後
いい具合に火が付いている
やっぱりお肉の油パワーは偉大ですな~

 

食後は網を外し炭の上に普通に焚き火の薪をくべます。

炭にいい感じで火が付いているので

ものの5分もあれば薪にも火がついてくれます!!

 

薪はキャンプ場でいつも買っているのでそれを使用しています。

あとがき

炭と薪を一緒にしていいのか初めは戸惑っていましたが

いつも一緒にやっちゃっています(^_^;)

まぁ別にいいよね!!

 

あとはマシュマロ焼きもなぜか毎回やってしまう

あれめっちゃうまいですよね!!

 

以上

焚火もBBQもこれ1台でやってます!でした!!

 

世界最大級の品揃え! アウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

コメント

タイトルとURLをコピーしました