転職先が『すぐに決まる人』、『なかなか決まらない人』その差は一体何なのか?

転職
スポンサーリンク

転職と言うものは非常に疲れるモノだと思います

現在進行形で転職を探している方は

『本当にパワーを使いますし・・・』

『色々と不安にもなるし・・・』

『家族にも心配かけるし・・・』

心をすり減らしながら過ごす日々が続いていると思います

 

自分の場合は過去に2度転職を経験しています

 

1度目は20代の後半の時です

この時は勤続5年と言う所でした

今思えば20代の転職なんてどうにでもなる年齢だったと思います

この時も転職活動は一度のみで決まりました

 

2度目は40代の前半での転職

詳細はこちらに👇

40代のリアルな退職話 ~40代で突然の退職からの就活、そして無事に転職するまで!!~
以前勤めていた会社は中途入社ではありましたが十数年務めました、 辛いことも沢山ありまし 楽しい事も沢山?ではないけどありました もちろん年齢的に考えても 退職するまでこの会社で働くと あの時までは思ってましたが・・・ ...

 

この時は勤続10年以上と言った所です

さすがに40代の転職は厳しいかなと思いましたが

探し始めて2ヶ月もしない内に決まりました

 

決して自慢ではありません

自分は地元の並以下位のレベルに位置する高校を卒業しました

いわゆる高卒です!!

 

会社でも高い能力を発揮する事も無かったですし

コミュニケーション能力もかなり乏しいものです

でも自分は直ぐに転職先が決まる人間なんです

何故だと思いますか?

 

先に答えを言ってしまえば

自分の価値を知っているからなんです!!

 

自分の価値を知っていると何故転職に有利なのか?

転職先が決まらずに困り果てている方の

一つのヒントになれば幸いです

 

 

直ぐに転職先が決まる人・決まらない人の分岐点とは?

自分の価値や置かれている状況を理解していますか?

転職がすぐに決まる人は自分自身の価値や

社会的に置かれた立場を理解しています

 

非常に個人的な話になりますが

自分自身を冷静に分析してみると

決して仕事が出来る方だとは思いません

コミュニケーション能力も高くはありません

 

そして武器になるような知識や技量もありません

比較的汎用性のない仕事をしてきた為

他の業種で行かせる様な業務経験もありません

 

唯一自分の取り柄があるとしたら

普通の人よりはまじめに仕事に取り組む

仕事に対する向上心はある

この位だと思っています

 

ここまで自己分析が出来ていればあとは簡単です

自分の価値に見合った仕事を探せばいいのです

 

逆に転職先がなかなか決まらない方は

自分自身の価値を高く設定しているのではないでしょうか?

客観的に自分の立場を見つめ直すことで

見えてくるものもきっとあるはずです

 

 

高望みをしすぎていませんか?

一流企業などは誰もが入りたいんです

安定しているし給料も良いでしょう

突出した能力があれば転職は可能でしょうが

もちろんそのような企業は倍率が高いので

運良く採用される可能性もありますが

多くの方は不採用となります!!

 

自分の能力に見合わない高望みの転職を追い求めれば

いつまで経っても転職先が決まらない

転職難民になってしまいます!!

 

 

また自分の例を出しますが

自分は自己分析すると

皆が羨むような超一流企業への転職は無理です

また業務経験が必要な企業への転職も無理です

 

それが分かっているから高望みはしません

自分の能力に見合った会社を探します

そうする事で早期に転職先を見ける事が出来たんだと思います

 

 

 

失う事がある事を受け入れる事が出来ますか?

自分も転職活動をしていて気付かされたのですが

全ての面において前職よりも良い条件で働けることは無いという事です

 

給料が下がるかもしれません

ボーナスが貰えないかもしれません

福利厚生がショボいかもしれません

勤務先が遠くなるかもしれません

 

色々なマイナス要素はあるものです

でもそんな事をひとつずつ天秤にかけていたら

いつまで経っても転職先は決まらないんです

 

失う事を怖がらない

これも転職を早める要素だと思っています

 

 

一番良いのは自分に合った仕事を見つける事です!!

これ以上自分をさげすむ発言はしたくありませんが

あえてもう一度言います

僕は仕事が出来ません!!

 

先ほども書きましたが一流企業どころか

二流、三流企業への転職も無理だと思います

 

限られた条件の中での転職活動ではありますが

こんな自分でも選ぶ権利はあります!!

 

職業選択の自由はあります!!

 

真面目しか取り柄のない自分です

他には本当に何もないです

 

転職にはかなり不利な条件下にあっても

人材難の現在は意外な事に

まだ狭い範囲ではありますが職業を選ぶ事が出来ます

 

もちろん前章で説明した通り

高望みする事は出来ません

失うものもあるでしょう

それでも妥協しながらではありますが模索する事は可能です

 

また転職を社会人生活が長ければ長いほど

自分自身の仕事に関する適正も分かってくると思います

得意な仕事、苦手な仕事も分かってきます

 

高望みは無理だとしても

少しでも自分が好きな仕事や得意な仕事には

条件面などで妥協しながらでも転職できると思います

 

どうせ転職するんです

せめて自分に合った職種を探すことで

転職後の後悔を減らせればと思います

 

あとがき

転職関連のブログを書く時に毎回これを書きますが

決して転職は勧められるものではありません

 

同じ会社で働き続けられたら

どんなに良い事かと思います

 

転職したところで多かれ少なかれ

不満な事や辛い事はあります

気の合わない人も出てきます

 

それでも転職を決意したのであれば

自分はあなたの事を応援したいです!!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました