雑記

【レビュー数12,000以上、1個当たり125円】Amazonで買える非正規品『オーラルB替えブラシ』を使用した正直レビュー!!

2024年1月28日

電動歯ブラシを2年前から愛用している私。

 

私が使っている電動歯ブラシがコチラ

【ブラウン オーラルB すみずみクリーンプレミアム】

 

 

2,500円程で買えるお手頃価格の電動歯ブラシです。

 

短時間で確実に歯垢の除去が出来ますし、歯を磨いた後のツルツル感が良いんですよね!!

個人的には普通の歯ブラシにはもう戻れません。

 

しかし歯ブラシは消耗品です、毛先が劣化すれば定期的に買い替えが必要になります。

電動歯ブラシものブラシ部分は劣化しますので定期的に交換しないといけないのですが、電動歯ブラシの『替えブラシ』がですね・・・

 

 

メッチャ高い!!

 

 

替えブラシがあまりにも高すぎて私は2年間ブラシ交換してなかったのですが、いい加減もう限界が来ましたので購入する事を決意しました!!

 

『出来るだけ安い替えブラシは無いだろうか?』

 

そこで私は徹底的に調査して経済的な替えブラシを見つけたのです!!

 

 

 

1本あたり125円!!Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ 』使用感レビュー

電動歯ブラシの替えブラシに関しては色々と説明したい事もありますが、まずは私が購入した替えブラシのご紹介です。

 

私が購入した替えブラシがコチラ

 

【Firik電動歯ブラシ 替えブラシ】

 

私はAmazonで購入しました、お値段は8本入りで

999円

一本当たりの価格は

約125円

 

ちなみに16本入りの価格は1,580円

一本当たりの価格は

約98円

 

初回から16本購入する勇気がある方は1本あたり100円切りの価格で購入が可能です。

 

8本入り、16本入りどちらを選んでも電動歯ブラシ用の替えブラシとしては驚異的な安さ!!

 

 

純正品の替えブラシと比較してFirik『電動歯ブラシ用替えブラシ』はどの位安い?

1本100円の歯ブラシなどは探せばいくらでも売っています、もっと言えば100均に行けば100円で5本入りの歯ブラシが買えます。

しかし電動歯ブラシ用の替えブラシはとても100円で買えるモノでは無いのです。

 

【正規品替えブラシの価格(1本あたり)】

購入場所 価格(1本)
Amazon【正規品】オーラルB 替えブラシ 765円
楽天市場【正規品】オーラルB 替えブラシ 877円
ドラッグストア【正規品】オーラルB 替えブラシ 1070円

※2024年1月時点で私が調査した最安価格で表示しています。

 

ネット購入やドラッグストアで『【正規品】オーラルB 替えブラシ』を購入した時の価格をまとめて比較してみました。

ネット通販で最安値で調べましたが1本あたり750円、ドラッグストアではセール価格でも1本あたり1,000円程度します。

 

調べてみて改めて思いました

正規品の替えブラシはやっぱり高い!!

 

そして今回購入した『Firikの替えブラシ』は正規品ではありませんが単純に価格だけを比較すると

破格の安さです!!

 

 

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』品質は大丈夫?

1本125円の替えブラシは破格の安さだと申しましたが品質はどうなのでしょうか?

怪しい商品は使いたくないですからね調査してみました!!

 

開発は米国で行われており米国FDA認証取得済。

【米国FDAとは?】

FDAは1906年に設立された、日本でいう厚生労働省に似た役割を持つ公的機関であり、食品、医薬品や医療機器、化粧品などの販売・流通において、許可や違反品の取り締まりといった行政を専門的に行っています。

出典:digima-japan.com

 

デュポン社製ナイロンブラシを採用している。

(デュポン社はアメリカの大手化学メーカーです。)

 

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』ブラシはアメリカ大手企業であるデュポン社製ナイロンブラシを採用しており、アメリカの公的機関”米国FDA”が認証している商品なので個人的には安心できる材料となりました。

 

 

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』使ってみてどう?

今回購入したのはオーラルB正規品ではありません。

正規品であろうが非正規品であろうが最も肝心なのは『使ってみてどう感じたのか?』と言う事だと思います、ここからは私自身が実際に使用して感じた事とユーザーレビューの意見を交えながら書いていきます。

 

 

歯の汚れはちゃんと落ちるの?

私はオーラルB正規品ブラシを2年間替えずに使っていましたので参考としては微妙ですが、「Firikの替えブラシ」に交換してからかなり歯垢除去が出来ている感覚があります。

ちなみにユーザーレビューなどでもブラッシングに関する否定的な意見は私が見た限りでは特になかったのでこの価格帯で考えると『合格点』と言えるのではないでしょうか。

 

 

【ブラシの硬さはどう?】

私はオーラルBの極細タイプの柔らかいブラシを使っていたのでブラシの硬さは正直『堅い』と感じました、しかし正規品のベーシックブラシを使っていたユーザーの意見としては『正規品より柔らかい』と言うレビューが多かったです。

正規品のベーシックブラシを使っていた方は『少し柔らかい』と感じるかもしれません。

 

 

【ブラシの耐久性はどう?】

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』を購入して最初の一つ目を2か月ほど使っていますが、ブラシに関して個人的にはまだまだ余裕で使えるレベルです。

若干劣化は見受けられますがブラシが今ぐらいが馴染んで来て使いやすい。

 

ユーザーレビューでは『純正より耐久性は落ちる』と言う意見がありましたので人によって感覚が異なる所ですね。

 

 

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』交換頻度はどのくらい?

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』3か月に一度交換する事を推奨されています。

正規品の『ブラウン オーラルB ベーシックブラシ』も公式サイトで3ヶ月に一度の交換を推奨されていました。

交換頻度としては正規品と同程度使える想定となっています。

 

ブラシの交換時期に関してはユーザーレビューを見るとかなり個人差があります、短い方で『半月に一度交換する』と言う方もいますし『2カ月に一度交換する』と言う方もいます。

歯に押し付ける強さによってブラシ劣化の進行具合が変わる為、交換頻度も人によって変わるんのかなと思います。

 

 

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』デメリットは?

正直私は何の問題もなく使えていますので、”価格が安い”と言う大きなメリットもあり特に不満もなく使っています。

Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』にデメリットは無い』と言う回答では寂しいと思いますので、ユーザーレビューの中で気になる書き込みを少し拾ってみます。

 

【Firik『電動歯ブラシ用替えブラシ』デメリット】

・正規品より歯垢除去能力はやや劣る

・正規品よりブラシの毛量が少なく感じる

・正規品より若干毛が抜けやすい

・ブラシはもう少し硬めの方が良い

 

多少なりともデメリットを感じている方もいます、ただ多くの方は『この値段でここまで使えれば文句なし』と、私と同じ様に満足されている方が多いのも事実です。

 

 

どうしても正規品オーラルB替えブラシを安く買いたい!!

私もオーラルBを愛用して2年です、ずっと正規品ブラシを使ってきましたので非正規の替えブラシは抵抗がやはりありました。

 

そこで今回改めて正規品をもっと安く、もっとお得に購入する方法は無いのか?という事で調査をして見ました。

 

並行輸入品の正規品を購入する

Braun ブラウン oral-b オーラルB 純正 電動歯ブラシ 替えブラシ ベーシックブラシ 6本入り EB20 RB CleanMaximizer 海外名 Precision Clean [並行輸入品]

 

 

正規品オーラルB用替ブラシをより安く購入する方法として「並行輸入品の正規品オーラルB用替ブラシ」を購入するという事です。

 

パッケージなどは海外版のパッケージとなっていますが日本の代理店を通さない分安く買えます、ただし偽物をつかまされる可能性もありますのでレビューなどを参考に選ぶ事が必要になります。

 

並行輸入品の替えブラシであれば1本あたり500円位で購入する事が可能です

日本で買える正規品よりもかなり安くする事が可能です。

 

 

 

まとめ

普通の歯ブラシは1本100円で当たり前の様に買えますが、電動ブラシの替えブラシは正規品を買えば1,000円位するので約10倍もの高価な商品です。

歯ブラシは消耗品です。

もしも替えブラシの購入が高すぎて躊躇しているのであれば、まずは小ロットの相互性のある替えブラシを購入してみてはいかがでしょうか?

-雑記