ロードバイク沼とはどんな沼なのか?ちょっくら覗いて見ました!!

ロードバイク
スポンサーリンク

 

“趣味には必ず沼がある”

 

先日も自分のもう1つの趣味であるキャンプ沼について書きました👇

キャンプ沼って一体どんな沼なの?ハマるとどうなってしまうのか?
キャンプ沼とは一体どんな沼なんでしょうか? 自分の場合はお小遣い制ですし へそくりも趣味を始める時に使い果たしてしまいましたので 自由に使えるお金が本当に無いんです だからそもそもキャンプ沼にハマ...

 

そしてそのキャンプ沼の住人の中には

キャンプ場での美しい自然の景色を写真に納めているウチに

”カメラ沼、レンズ沼”と言う

新たな沼にハマってしまう方もいたんですよね・・・

 

 

そして今回は沼シリーズのロードバイク編

さてどのような沼なんでしょうか?

 

ロードバイクに潜む沼!!

ロードバイクは本体価格が高額なので

初期費用は高いんです

自分が購入した一番安い型落ちモデルのロードバイクでも

7万円しました!!

 

でもロードバイクさえ買ってしまえば

あとは基本的には道路を走るだけなので

タダで乗る事が出来るし

”非常にコスパの良い趣味”

そう考えていたのですが

実は沼にハマってしまうと

非常にお金のかかる趣味なんです!!

 

ロードバイクでの代表的な沼は

⚫スピード沼

⚫軽量化沼

⚫アイテム沼

この3つの沼かなと思います

それではそれぞれの沼を覗いて見ましょう!!

 

スピード沼

始めてロードバイクに乗った時は

本当に感動的でした!!

 

ホームセンターで購入した

7000円のママチャリ(変速機無し)からの乗り換えでしたからね

車体自体ももちろん軽いし

なんかペダルを回しても

空回りする様な感覚に陥っていました(^^;)

 

自分のロードバイクは各メーカーさんが出している

初心者向のロードバイク入門用に出しているロードバイクです

フレームもアルミフレームですし

コンポーネントもクラリスです

 

それでも感動する位の違いを感じたんですよ

 

だから当然上位グレードになれば

”さらに快適に走れる!!”

”さらなるスピード感を得られる”

そう考えてしまうんですよね・・・

 

このスピード沼にハマってしまった方の中には

自分と同じように入門用のロードバイクを購入したものの

さらなる爽快感を求めて

1年も経たない内に上位グレードに乗り換えた方も居ますからね・・・

 

 

軽量沼

軽量沼とは文字通りロードバイクののパーツを軽量化していく沼です

 

”軽量化して何のメリットがあるの?”って思いましたが

実は大きなメリットが潜んでいます

 

ロードバイクの車体が軽くなれば

漕ぎ出しが軽くなります

ストップ&ゴーが楽になるんです

ストップ&ゴーで消費していた体力を軽減する事が出来るんです

 

ロードバイクの醍醐味であるロングライドが楽になるんです

もちろん車体が軽くなる事で坂道も走行も楽になります

 

高級なモデルのロードバイクは分かりませんが

やっぱり最初に付いている純正パーツって割と重たいんです

特にホイールとかは軽量化には持ってこいのパーツです

またそれ以外にもではタイヤやチューブ

ありとあらゆる物を軽量化させたくなります

 

そしてこの沼の恐ろしい所は

軽量化パーツが高いという事です!!

 

 

アイテム沼

アイテム沼は誰しもが陥ってしまう沼です

今まで街乗りオンリーで使用していたママチャリとは違って

スポーツ系の自転車だと結構長い距離を走ります

 

自分の様なド素人でも30、40km

時間にしても3時間とかは軽く走れてしまいます

 

そして長い時間走れば走る程

色々な事が気になり始めるんです・・・

 

ちょっと手が痛いな~と思えば

更に高機能なグローブが欲しくなります

ペダリングがしんどいな~って思えば

ビンディングペダルが欲しくなります

 

最初は”空気入れだけあればいい!!”って思っていましたが

結局色々な物を買い足してますから・・・

 

あとがき

キャンプ沼について書いた時も思ったのですが

自分も結構のめりこんでしまうタイプなので

危ないんです

 

ただ実際に沼にハマってしまった方と

沼のほとりで踏みとどまった自分との違いは

間違いなく経済力ですね

 

沼にハマる予算がないので

自分は踏みとどまれたようなものです

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました