すぐに盗まれる自転車の特徴は何なのか? 他人事ではないこの問題を真剣に考える!!

ロードバイク
スポンサーリンク

自分は良く自転車関連のブログやニュースを見るのですが

定期的に目に飛び込んでくるものがある

それが自転車の盗難に関する話・・・

 

もしも自分のロードバイクが盗まれたらって考えたら

怒り狂いますよね!!

 

そして先日このようなサイトを見つけました

その名も

CSI:自転車特捜24時

 

日本全国のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなどの

盗難被害情報が掲載されているサイトなんです!!

 

このサイトの情報を見ていると何となく

盗まれやすい自転車の共通点が浮かび上がってきたんです

 

今回考えたいのは

”どんな自転車が盗まれやすいのか?”

怒りを抑えきれない自転車盗難被害について考える!!

 

 

自分も自転車盗難被害に・・・

自分も自転車の盗難被害にあった事はあります

その当時の詳しい話はコチラ👇

自転車泥棒さんよ~、頼みますよ!!自転車盗難被害にあったけど戻ってきた話
かれこれ約20年くらい前の話 自転車関連でブログに書くネタ何かないかな~って考えてた時に ふと昔の記憶が蘇りました 『あっ、そういえばチャリパクられたことあったな~』って事 たぶん2,3回パクられたことありますけど 今回はその中で...

 

この時は運よく盗まれた自転車が戻ってきたんです

まぁでも戻され方が最悪でしたけどね!!

 

ちなみに当時盗まれた自転車は

自転車屋さんの中古コーナーにあったボロボロの自転車

買ってから手入れもしていなかったので

盗まれた時はさらにボロボロになっていました

 

”こんなボロ自転車を選ぶなよ!!”って思いましたけど・・・

 

 

自転車盗難の2つの傾向

今回自転車の窃盗に関して調べていると

自分と同じようにボロボロの自転車が盗まれたと言う方が居ました

ボロボロの自転車需要あるんだな・・・って思った

 

その方も防犯登録をしていた為

自転車が無事に見つかって帰ってきたそうなんです

そして警察署で警察官にこんな話を聞いたそうなんです

 

自転車の窃盗する人は2種類に分かれているという事

その2種類は以下の分類になります

 

 

①目的地に向かう為の足が欲しくて盗む

自分が盗まれた自転車の場合は

飲み会帰りに酔っ払いのおじさんが

歩くのが面倒くさくなり

道路沿いにあった駐輪場から物色して自分の自転車を盗んだんです

 

自分も当時は

こんなボロ自転車盗むもの好きもいないでしょ?!って思っていましたので

本当に安いワイヤーチェーンを掛けていたと思う

 

自転車を盗んだおじさんの心理とすれば

とりあえず家に着くまで自転車に乗って帰れればいいので

別にボロボロのママチャリで良いんです

むしろ新しい自転車の方が罪悪感も増えるし

しっかりした鍵で施錠している方も多いでしょうし

 

自分の様なぼろ自転車の方が盗りやすいんだと思う

 

 

②転売目的で盗む

一方転売目的で盗む場合はどうでしょうか?

自分が乗っていた様なボロボロに自転車を盗んだ所で

何一つメリットは無いので

少しでも高価な自転車がターゲットになるんです

 

高価な自転車であれば各パーツだけでも

何万と言う値が付きますし

今ではフリマアプリなど便利な世の中になってしまった為

簡単に転売が出来てしまうんですよね

 

 

ちなみに自分の自転車が盗まれたのは

もう20年近く前の話です

今現在なら飲酒運転+自転車の窃盗で

結構重たい罪になっているからな!!

 

あ~、思い出したらまた怒りが込み上げてきた!!

 

 

こんな自転車は盗まれやすい!!

ここからは冒頭で紹介した

CSI:自転車特捜24時さんのブログ記事を参考にして

盗まれやすい自転車について考えていこうと思います

 

無施錠

今回調べた中で分かったのですが

盗難被害に遭った人の約6割は

無施錠状態で被害にあっているんです!!

 

自転車窃盗犯の気持ちになれば分かりますよね?

 

時間を出来るだけ掛けたくないんですよ

だから無施錠の自転車であれば容赦なく盗まれるという事なんです

 

ちなみに京都府警が興味深い資料を公表していたのですが

大学生の自転車盗難被害にあった方の2割の人は

実は大学の構内で自転車を盗まれているという事でした

 

だから『学校の中だし大丈夫だろう!!』と言う気持ちで

鍵を掛けないまま置いておくと実は痛い目にあうんですね

 

この様な無施錠での被害を減らすために地域によって条例で施錠を義務化したり

無施錠の自転車に警告の札を貼ったり色々な取り組みをしているようです

 

自分もついついコンビニとかで

『まあ、短時間だし大丈夫でしょう!!』と言う気持ちで

無施錠で買い物する事あるんですけど・・・

 

それがダメなんですよ!!

 

夜間の時間帯、長時間の駐輪

今回調べた中では

例えば前日の夜に駐輪場に停めて

翌朝に取りに行った時に盗まれていたというケースが多くみられました

 

人出の多い日中よりも

薄暗く人手の少ない時間帯の方が

確かに鍵の切断などはやりやすい傾向にあります

 

 

また、僅か1時間駐輪している間に盗られたと言う方もいますが

よくよく見てみると

やはり長時間の駐輪によって盗られるケースが多い

 

長い人では3日間駐輪場に置いていた為

どのタイミングで盗難被害にあったかが分からない方もいるんです

駐輪場に置きっぱなしにしている時間が長いほど

盗難被害のリスクは上がるという事です

 

でも実際に自宅の駐輪場などでは

防ぎきれない状況でもありますけどね・・・

 

 

防犯カメラの死角

これも大きなポイントの一つになります

突発的な窃盗の場合は下調べなどもしていないでしょうし

防犯カメラなどもあまり意識していないかもしれませんが

 

計画的に犯行に及ぶ窃盗犯などは

防犯カメラの位置なども確認している場合が多い

 

だから出来れば防犯カメラの見える位置に駐輪スペースが空いていれば

その場所に停めるのがベストですよね!!

 

 

それでも自転車の窃盗は減少傾向にある

自転車の盗難は現在増えているのか?

それとも減っているのか?

実際の所はどうなんでしょうか

 

盗難件数に関して見てみましたが

 

ズバリ減っています!!

 

警視庁が発表しているデータなので東京都の発生件数だと思いますが

2014年には年間5万6千件あった自転車の盗難ですが

2018年には年間3万5千件にまで数が減ってきています

 

年間で5千件位減っているという事ですね!!

 

素晴らしい!!

 

でもよくよく考えたら、年々減少傾向ではありますが

東京都だけで1日当たり約100件の盗難被害が出ているというので驚きですよね(-_-;)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました