ロードバイクやクロスバイクの乗り心地を上げる方法!!

ロードバイク
スポンサーリンク

ロードバイクやクロスバイクに関しては多くの方は

スポーツバイクならではの

”スピード感を楽しみにしている”

こんな方が多いのかなと思います

 

もちろん自分もロードバイクを始めた当時は

早く走る事を追い求めていた時期もありました

 

 

でも2年が経過した今はどうかと言いますと・・・

 

 

完全にスピードよりも

快適性を求めている自分が居ます!!

 

そこで今回は

スポーツバイクの乗り心地を上げる方法

こんなテーマで色々と調べて行こうかなと思います!!

 

 

実際に乗り心地を上げるためにやった事

 

今回はあくまでも乗り心地を上げる為だけにやっています

スピードの事などは考えていませんので悪しからず・・・

 

タイヤを変える

 

やはり乗り心地に1番直結していたのは

タイヤと言うヤツです!!

 

タイヤで乗り心地が変わることは

自分も25cから28cのタイヤに変えた時に

痛感しております

自転車屋さんにはめっちゃ反対されましたが、ロードバイクのタイヤを25cから28cに無理やり変えちゃったお話!!
以前も何回かタイヤの事に関しては今1番興味があるので 何度かブログにも書いてきました。 タイヤ、タイヤってしつこいよ!! というくらい書いちゃっているかも(^^;) とにかく自分は25cから28cに変えてみたいのです!!...

 

格安のタイヤでしたが

サイズアップするだけで格段に乗り心地が変わりました!!

 

 

正直抵抗は上がりますので

スピード的には確かに少し落ちるとは思います

でも乗り心地はかなり上がります

 

もうちょい太くしようかとも考えた位ですからね!!

 

そんなに太くしたいならロードバイクに乗るなよって話もありますけど・・・

 

 

タイヤの圧を下げる

タイヤの圧を下げる事でも乗り心地を上げる事が出来ます

 

タイヤ=圧は高い方が良い

 

こんな事を勝手に思い込んでいましたし

タイヤがパンパンな方が安心感があったので

常にマックス圧力で空気を入れていましたが

乗り心地を追求するなら話は別!!

 

考えてみれば空気圧を上げればタイヤが硬くなりますし

クッション性が悪くなるのは当り前ですよね

 

 

乗り心地重視の今は

どちらかと言うとむしろ下限値狙いにしています!!

 

 

もっと乗り心地を上げるには?

ここからはさらに乗り心地を上げる為にできる事は何なのか?

もう少し調べていきましょう!!

 

チューブを変える

チューブで乗り心地が変わるのか?

 

これに関しても考えた事もありませんでしたが

自転車の数少ないゴム製品である

チューブももちろん例外ではありません

 

チューブには大きく分類すると

一般的なブチルチューブと

今回初めて知ったのですがラッテクスチューブなるものがありました

 

このラッテクスチューブ

少しお高めなようですが

乗り心地が向上するアイテムだったんです

 

何故ラッテクスチューブで乗り心地が上がるのか?

ブチルチューブに関しては

見た目はゴムっぽくも見えますが

あくまでも合成化学ゴム

原料は石油なんです

 

一方でラッテクスチューブに関しては

植物由来の天然ゴムが使用されています

天然ゴムの方が弾力性に関しては

合成ゴムより一枚上手なんです

 

だから乗り心地を上げるのにはうってつけのアイテムだったんですね!!

 

 

シートポストを変える

サドルをクッション性のある物に変えると乗り心地は良くなります

これに関しては知っていましたが

実はシートポストでも乗り心地を上げる事が出来たんです

 

シートポストで何が変わるのか?

なんて疑問を抱きつつもさらに調べてみると

サスペンション付きのシートポスト

こんなワードが出てきました

 

実際に見てみるとこんなヤツです👇

 

 

 

街なかではあまり見かけませんが

結構種類もありますので

意外と需要があるのかも!!

 

 

あとがき

いかがだったでしょうか?

とにかく乗り心地だけを考慮して調査してみました

 

簡単に出来る物もあれば

やっぱりお金の掛る物まであります

 

そして今回調べてみて意外だったのは

クッション性なんて要らない!!

こう考えている方もいるという事です

 

衝撃吸収よりもカチカチのロードバイクに乗るのが

むしろ好きで乗っていると言う話もありました

 

そう考えると乗り心地と言うのも

人によって感覚が違うのかなと言うのも

正直なところですかね・・・

タイトルとURLをコピーしました