自転車屋さんにはめっちゃ反対されましたが、ロードバイクのタイヤを25cから28cに無理やり変えちゃったお話!!

ロードバイクアイテムレビュー
スポンサーリンク

以前も何回かタイヤの事に関しては今1番興味があるので

何度かブログにも書いてきました。

 

タイヤ、タイヤってしつこいよ!!

 

というくらい書いちゃっているかも(^^;)

 

とにかく自分は25cから28cに変えてみたいのです!!

 

ただ自分が乗っているジャイアントのコンテンド2に関しては

2019年モデルからは28cのタイヤに

フレームもブレーキも対応しているんですけど

自分が買った2018年モデルは

25cまでしか対応してないんです!!

 

それでもタイヤを太くしたい!!

さてどうしたものか・・・

 

 

とりあえず自転車屋さんに相談しよう!!

28cタイヤにどうしても変えたかった自分は

興奮した気持ちが抑えきれずに

ロードバイクを購入したサイクルベースあさひに乗り込んだ

 

そこでフレームは25cまでしか対応していない

それは分かってはいるけど

どうしても28cのタイヤを着けたいんだ!!と熱弁します

 

当然店員さん的には

メーカーさんが推奨しないタイヤの変更を良いとは言えませんよね

”それはやめておいた方がいいですよ!!”との回答でした・・・

 

サイクルベースあさひの店員さんいわく

実際に28c未対応のコンテンド2を28cに変える事は出来るかもしれないが

やはりフレームとタイヤのクリアランスが

極端に狭くなるのでゴミなどが挟まって

タイヤから異音がしたりするんだって・・・

 

その後もタイヤを28cに変えたい自分と

それには賛成できない店員さんとの押し問答が続く

もちろん店員さんの意見の方が正しいので

ただの迷惑な客だったかもしれません・・・

 

店員:『何で無理に28cに変えたいのですか?』

 

自分:『乗り心地を良くしたいんです』

   『25cのタイヤは衝撃が自分には強すぎるんです!!』

 

店員:『単純に乗り心地を上げるだけなら”TPIの高いタイヤに変えてみては?”』

こんな提案を店員さんにされました

 

TPIっていうのは??

お店で店員さんに教えてもらいましたが

すっかり忘れちゃたのでこちらをご覧ください👇

ケーシングの太さ(細さ)を示す数値として一般的なものに、

TPI(スレッド・パー・インチ)がある。

1インチ(25.4mm)の間に、何本の糸が並んでいるかを示しており、

TPIが少ないほど太いケーシング、多いほど細いケーシングとなる。

同じ素材でケーシングを作れば、TPI値が大きいほど乗り心地とグリップ力に優れる傾向となる。

出典:サイクルスポーツ

 

う~ん・・・

これ見てもいまいち分からない??

 

ざっくりと自分なりに説明しますと

タイヤって細かい繊維の塊なんですよね

この繊維の太さが細いほど

グリップ力も上がれば乗り心地が良くなるんだとか。

 

と言うことで個人的には28cに変えたかったけど

とりあえず店員さんの話も一理あるので

25cでTPIの高めなちょっと良さげなタイヤを紹介して貰いました

180tpiくらいだったけど

7000円とかした気がする・・・

 

前輪後輪買えたら14,000円じゃないですか!!

 

当たり前ですけどTPIの高いタイヤは

値段も結構高いんです!!

 

参考までにこの高級タイヤ320tpiでした👇

 

 

他の2000円位の安いタイヤ調べてみましたが

40~60tpi位でした。

やっぱりTPIで全然違うんでしょうね(^^;)

 

乗り心地が上がればもちろん25cでもいいかなと思いましたが

僕はいつだって金欠だ

高いタイヤ買う余裕はないのよ!!

 

店員さんにはとりあえず

とりあえず”もう少し考えます”と言い残し帰りました(;’∀’)

 

 

自転車屋の店員さんが言うんだから

やっぱりフレーム規格より大きなタイヤは

ダメなんだよな・・・

 

それでもやっぱり諦めきれなくて

ついついタイヤを見ちゃうんですよね。

 

ダメだよ、ダメだよって分かっていても

やっぱりバカなんですかね・・・

 

 

気持ちは止められなくて・・・

 

 

思いが爆発して遂に先日買っちゃいました!!

 

28cタイヤ買っちゃいました!!

タイヤが1本1,500円で2本で3,000円

 

タイヤに関してはAmazonの方が安かったんですけど

チューブは楽天で2本で1,380円という最安セットがあったのでそれをチョイス👇

日本郵便送料無料 自転車 チューブ 700C 700x28C-32C 48mm 仏式 2個セット shinko シンコー 7028f12t ロードバイク クロスバイク スポーツ車用 自転車チューブスポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ タイヤチューブ ☆

タイヤとチューブで、だいたい4,500円位ですね!!

 

思ったより安いでしょ??

 

 

普通タイヤ1本で5000円とかするんじゃないですか??

それが2本で3000円って・・・

大丈夫なの??

 

 

早速タイヤ交換を始めまっせ~!!

激安タイヤですが一週間後に無事に到着しました

因みに25cの時のブレーキとタイヤの隙間はこんな感じ

まぁ写真で見ても分かりにくいですね(^_^;)

思ったより狭いなって個人的には思いました。

これ28cのタイヤ入るのかな・・・

 

 

後輪側のチューブに関しては

パンク修理用パッチで1年間粘ったので

修理箇所が5か所位ありました。

本当にボロボロな状態でした

本当にご苦労様でしたって感じですよ!!

 

因みにこれダイソーのパンク修理パッチで修理した場所👇

結局普通に漏れる事も無く走れましたね。

だからそこまで気にならない方は

ダイソーのパンク修理キットでも十分使えるってことですよ!!

 

さあではいよいよ28cに変えていきましょう!!

 

25cと28cのタイヤ取り付け時の写真👇

見た感じあんまり変わらない?

 

もう一度言いますけど

写真ではわかりにくいですね(^_^;)

 

では早速空気をしっかりと入れていきます。

 

このタイヤの空気圧は80~100psiが適正空気圧なので90psi位にしてみました

タイヤ交換前は120psiまで空気を入れていたのでどんな感じになるのやら・・・

 

一番気になっていたブレーキとの隙間はこんな感じになりました

25cと28cのタイヤ取り付け時の写真👇

確かに比べると狭くなっているのは分かる・・・

でも意外と大丈夫なんじゃない?

フレームより狭いこのブレーキの所でこの程度の隙間が出来れば

まぁとりあえずは大丈夫かと(^^;)

 

さぁそれでは買い物がてら初乗りしてきましょう!!

 

実際に28Cに乗って見てどう?

若干太くなったタイヤどうですか?👇

乗り心地は爆上がり!!

乗ってみて一番最初にすぐに感じたのは

乗り心地の良さ!!

 

これに関しては本当にすぐに違いが分かりました\(^o^)/

 

体や特にお尻への衝撃が殆どない!!

 

たぶんタイヤを太くしたのと空気圧が下がった事が

大きく影響しているのだと思います

やばい位に乗り心地がいい!!

これぞ自分が求めていたものですよ!!

 

 

スピードに関しては?

確かに漕ぎ出しに関しては

今までのタイヤよりも重く感じました。

 

また平坦な道でも今までよりは少し抵抗を感じたのも事実あります。

でも1度走り出してしまえば思ったよりは気にならない程度ですかね(^^;

 

無理やり28cタイヤに変えた事による懸念事項

店員さんが言っていたタイヤに異物が挟まったりすると言うのも

ショートライドでは全く感じませんでしたが

やはり路面状況の悪い道路などでは枯れ草が挟まったり

ゴミが挟まったりする事が数回程度ではありますが

実際にありました!!

 

 

ロングライドや路面の状態によっては

やはり異物が挟まる事はあり得ます!!

 

あとはタイヤを外す時は一度空気を抜かないと

フレームに引っ掛かってしまい外せなくなった・・・

 

自分の場合は輪行などは今のところしていない為

パンク修理の時くらいしかタイヤは外さないので

まあこれは特に気にならないけど・・・

パンクした時とかは面倒くさいのかも(^^;)

 

まぁこれは自業自得だよね!!

 

あとがき

まずはせっかくアドバイスしてくれた店員さん

忠告を無視してタイヤを替えてしまって済みませんでした!!

 

まぁこのブログを見る可能性はまず無いと思いますが・・・

 

せっかくの忠告を無視してしまい

本当にごめんなさい!!

 

でもやっぱり28cは街乗りには抜群にいいなと思う。

 

これだけ乗り心地が良くなればロングライドでの体への負担も

確実に少なくなるでしょう!!

ただしスピードを求めている方にはあまり向いてないのかな?

タイトルとURLをコピーしました