自転車通学の高校生に”ヘルメット義務化”が増えている背景は何なのか?

ロードバイク
スポンサーリンク

 

”自転車に乗る時にヘルメットを着用する”

 

自分の学生時代から含めて

2年前までヘルメット着用なんて考えた事もありませんでしたし

自転車に乗る時にヘルメットなんてした事もなかった

 

2年前ロードバイクを購入するにあたり

スポーツバイクはスピードも出るし

タイヤが細い事によって転倒やスリップのリスクもある

あとは道路を走ると言う事で単純に怖かったと言う思いもあります

 

何より”スポーツバイク=ヘルメット”

こんなイメージが合ったのも

自分がヘルメットを購入した理由です

 

ヘルメットに関してはコチラでも以前触れた事があります

ロードバイク乗る時はヘルメットは付けるべきなのか? 終わらないこの論争に自分も首を突っ込んでみる!!
ロードバイクのヘルメット論争は続くよいつまでも・・・!! ヘルメットに関しては 本来であればもちろんした方がいい!! だって事故った時にヘルメットしていた方が 断然ダメージが少ないから これは分かっているし誰もが思っている事でしょ...

 

まぁ結局”ヘルメットはちゃんとしましょうね!!”って言う話で

ひとまず話を終えたのですが

また再度何故ヘルメットのネタを書こうかと思ったかと言いますと

 

ウチの地元大分県の

県立高等学校及び県立特別支援学校自転車通学生が

2021年4月からヘルメット着用が義務化になったんですよ

 

 

ここで疑問に思ったのが

何故高校生に限定して義務にしたのか?って話です

だって高校生だろうが大人だろうが

同じ自転車乗りであり変わらないはずじゃないですか?

 

今回は”終わらないヘルメット論争の番外編”と題して

色々と調査してみました!!

 

 

そもそもヘルメット義務って何?

今回の高校生のヘルメット着用に関しては

もちろん法律で決まったものではありません

しかも県立高校に限定しちゃってるし・・・

”私立高校は良いのかよ!!”ってまず思いましたけどね

 

 

今回調べて分かったのですが

昨今の自転車の安全に対する意識の高まりから

”自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例”

制定する地域が増えているんです

都道府県で定めているものもありますし

市区町村で定めているものもあります

 

そして今回の高校生へのヘルメット着用に関しても

大分県が条例で定めたものであります

 

条例に関しては罰則を設ける事が出来るんですよね

例えば『路上喫煙禁止区域内での喫煙』

全国的にも結構増えてきていますよね

地域にもよりますが注意しても聞かない場合などは

違反者に罰則(2,000円)が科せられます

 

自転車に関する条例に関しても調べてみましたが

基本的には罰則がないものが多いんです

ちなみにヘルメットに関する事も

現段階で罰則は無いようです

 

だから自転車に関する条例は

”不要不急以外の外出を控えてください!!”と言うのと同じ

あくまでもお願いベースなんですね・・・

 

ただし今回のヘルメット着用義務によって

各学校の”自転車通学を許可する要件”の中に

このヘルメットの着用が盛り込まれましたので

ある意味ヘルメット着用は必須になっています

 

ちなみにヘルメットの安全規格も指定されていました

以下の4つの規格を満たしたヘルメットじゃないといけません

安全規格の種類:SG(一般財団法人製品安全協会)

        CE(欧州連合)

        JCF(公益財団法人日本自転車競技連盟)

        CPSC(アメリカ合衆国消費者製品安全委員会)

 

自分が持っているヘルメットを再度見てみましたが

うん!!

どの基準も満たしてないや!!

 

 

何故高校生に限定してるの?

今回の条例が出るまでは

正直ヘルメットを着用する高校生はほとんどいませんでした

自分も学生時代は全くしていませんでしたし

髪の毛がペチャンコになるし

まぁ好んでかぶる人はいませんよ

 

しかしこの条例が施行された4月からは

毎日の様に通勤の時に見かけますが

ほとんどの高校生がヘルメットを着用しています

 

これは確かに良い事だと思うのですが

でも何故高校生に限定したのか?

高校生だろうが大人だろうが安全に年齢は関係ないでしょ!!

 

疑問が残るばかり

でも今回調べてみると意外な事実が浮かび上がったんです

 

個人的には自転車の事故は

お年寄りが多いイメージでしたが

実は違うんですね

 

高校生が一番多いんです!!

自転車の事故のおよそ25%は高校生による事故なんだそうです

しかもその事故の中で頭部にけがをした割合は60%にも及びます

 

高校生の中でも最も多いのは

高校1年生

自転車通学に慣れた5月から6月頃が多くなるんです

 

そう言われたら確かにな・・・

ヘルメットした方が良いのかもな・・・

 

 

まとめ

今回の条例では県立の高校が対象ですが

実際には私立学校でもヘルメットの着用率が上がっているそうです

 

そして2015年から同様に県立高校でのヘルメット着用が義務化された

愛媛県でも県立だけでなく私立の高校生のヘルメット着用が普及しており

今では逆にヘルメットをしていない方が少数派になっているんだとか

 

確かにヘルメットは煩わしいです

夏場とかは特にしたくないです

でも命を守るという観点から考えたら

やぱり必要なんですかね・・・

 

確かに自分は当事者でも無い

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました