焚火台とバーベキューグリルは兼用できる方が良いの?専用品の方が良いの?

キャンプ
スポンサーリンク

 

自分のキャンプで欠かせないものとなっているのが

焚き火です!!

 

焚き火無しではキャンプ出来ません!!

 

キャンプに行ったら意地でもやります

多少の雨でもタープの下でやりますから

本当はタープの下での焚火はダメですよ(^^;

 

でも無理してでもやりたくなる位

キャンプでは欠かせないものなんです

 

そして自分のキャンプでは定番の夕食は基本的にBBQです

正直95%位の割合でBBQしてます!!

 

 

そんなキャンプて欠かせない

焚き火とBBQの両方を賄えるのがこちら👇

 

自分は焚火もBBQも両方できるタイプを使っています

 

個人的にはこの焚き火とBBQが兼用出来るタイプが当たり前だと思ってましたが

実は”焚き火は焚き火台でやりたい!!”

”BBQはバーベキューグリルでやりたい!!”と言う方も居るんです

 

今回は”焚き火とバーベキューは兼用が良いのか?”

それとも”それぞれ専用品が良いのか?”

こんなテーマで書いて見たいと思います!!

 

 

焚き火台・BBQグリル兼用派の意見

 

焚き火台兼バーベキューグリルは

夕食時にはこんな感じで使います👇

 

夕食が終わったら網を外して

BBQで使った炭の上に薪を置いていき

そのまま焚き火を楽しめます👇

 

持ち運びが楽!!

焚き火台もバーベキューグリルも

もちろんコンパクトなサイズの物もあります

 

でも実際にキャンプをしてみて思いました

焚き火台もバーベキューグリルも

ちょっと大きめサイズの方が

絶対に使える!!

 

薪も斧で切って細くすれば

コンパクトサイズの焚火台でも楽しめます

でもズボラキャンプ派の自分としては

ドカッとそのまま焚き火台に置けた方が良いんです!!

 

バーベキューグリルグリルも同じです

一気に大量のお肉を焼けた方が良いんです!!

 

そうなった時に焚火台とバーベキューグリルを買って

ただでさえ多いキャンプギアが

更に増えると考えたら

正直邪魔かなと思います!!

 

そう言う面で考えたらやはり兼用タイプの方が良いと思います

 

準備や片付けが楽

準備や後片付けの面においても

兼用タイプなら一回で済みます

 

このブログでもたびたび紹介していますが

アルミホイルを敷いてしまえば

あと片付けも圧倒的に楽だと思います

 

特に準備はまだ良いのですが

個人的には後片付けが面倒くさいので

ただでさえ忙しいキャンプの撤収作業の時に楽ですし時短にもなります

 

 

焚き火台、バーベキューグリル専用派の意見

 

純粋に焚火だけを楽しむタイプ

安価でめっちゃコンパクトになるヤツ👇

画像出典:楽天市場

 

みんなでワイワイ言いながら焼ける

バーベキューグリル!!

自分の実家でもキャンプはしないけど

バーベキューグリルはあったな

画像出典:楽天市場

 

 

 

安く揃える事が出来る

一件焚き火台とバーベキューグリルを2つ揃えると

逆に高くなるイメージもありましたが

それぞれに特化した物の方が

実は安価な物がありました・・・

 

ホームセンターとかに行けば

たしかに1500円位でバーベキューグリル売ってたりしますから!!

 

兼用タイプは多機能な分少しお高めなんですね(^^;

 

またバーベキューグリルに関しては

キャンプを始める前から元々家にある方もいますし

そう言う方はキャンプの為だけに兼用タイプを買うよりは

焚き火台のみを追加で購入した方が

安価に抑える事が出来ます

 

 

それぞれに特化した物が選べる

焚き火台は焚き火台としての役割があり

バーベキューグリルはバーベキューグリルとしての役割があります

 

もちろん兼用タイプはどちらの役割も担う物なんですが

例えば大人数でキャンプをやる場合はどうでしょう?

焚き火台兼バーベキューグリルの物は

基本的にロースタイル向けに作られています

 

焚き火はまだ良いのですが

バーベキューの時は立った状態で食材を焼ける

背の高いバーベキューグリルの方が

使い勝手が良いと感じる方も居ると思います

 

 

無理やり兼用化させる技もある?

 

今回調べてみると

”バーベキューグリルで焚き火もやっちゃう!!”と言う

裏技?を使っている方もいます(^^;

 

バーベキューグリルに関しては

炭を薪に変えて火を起こすだけですから

確かに考えてみたらやれない事はないのかも・・・

 

でもやっぱりデメリットもあります!!

 

先程も書きましたが

バーベキューグリルは背の高いタイプが主です

寒い冬場の焚火は鑑賞だけでなく

暖を取る目的もありますよね

 

しかしハイタイプのバーベキューグリルでは

一番冷える足元を温める事が出来ないと言う事です

また焚き火用に作られていないので

塗装が剥がれたりする等の弊害も出る用です

 

ちなみにバーベキューグリルで焚き火をやった事がある方が書いていましたが

やっぱり足元が寒いと言う事で

バーベキューグリルの脚の部分を取っ払って焚火をしたら

下の芝生を焦がしてしまった事があったみたいです・・・

 

やっぱりダメなんですね(-_-;)

 

 

まとめ

焚き火台とバーベキューグリルは兼用品が良いのか?

それとも専用品が良いのか?

 

結局はそれぞれの考え方によるものなんですかね・・・、って

答えになってないから!!

ですよね・・・

 

個人的な意見ではありますが

毎回ソロキャンプで兼用タイプを使用していますが

兼用タイプで満足していますし

特に後悔もありません

 

少人数のキャンプで焚火やBBQを楽しむ場合は兼用品

大人数のキャンプで焚火やBBQをやる場合や

元々バーベキューグリルを持っている方などは

専用品を選択するのが良いのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました