吃音症で悩み苦しむ若者に伝えたい!! 大人になったら吃音症の事であまり悩まなくなったよ

まじめな話
スポンサーリンク

ついにこの話を書く時が来ましたか・・・

 

ブログが1年間続いたら書こうと思っていたのが

この吃音症と言う事についてです

 

今回は吃音症にもっとも苦しい思いをしている

10代、20代の若い世代の方に吃音症との付き合い方について

話していきたいと思います

 

ちなみに自分は40代です

吃音症なんて全く知らない方もいると思います

自分だって吃音症なんて言葉は知りませんでした

 

吃音症とは

精神医学的障害の一種

・言葉が円滑に出てこない

・言葉がスムーズに出てこない

言葉が頭の中では分かっているし

話したいのですが何故か出てこないんです

出せないんです

だから初めの言葉を無理やり出すために

例えば『おはよう』とスムーズに言えずに

『お、お、おはよう』見たいな感じになってしまう

 

以前は”どもる”なんて言われ方もしていましたよね

あれは吃音症です

現在は差別用語という事で”どもる”という言葉は使われなくなりました

 

普通の人にはこの感覚は理解出来ないかもしれませんが

最初の言葉がすらっと出ないんです

自分でも分かりませんが

何故か出ないんです・・・

 

何故吃音症になるのか?

医学的にはまだ吃音症の原因は解明されていません

遺伝的な要素があるのではないか?なんて話もあります

かと言って親族に吃音症の人が居るなんて話は

聞いたことは無いので

結局なんで吃音症になるのかは分かりません

 

自分の場合は1つ思い当たる節がありまして

小学校の時に転校をしたんです

それで次の転校先での挨拶の練習を親から永遠とされて

泣きながら練習させられた記憶があります

 

これがトラウマになっているのかな?と勝手に推測しています

でも同じように泣きながら練習した

姉は吃音症では無いので

これもあくまで憶測にすぎません

自分の吃音症について

はっきりとは覚えてないのですか

たぶん小学校の中学年の頃

転校した後からだと思います

 

学校の授業で教科書を順番に読んで行くじゃないですか?

ある時からある一定の言葉から始まる言葉が

上手く話せなくなってしまったのです

全ての言葉がスムーズに出ない訳では無く

ある一定の言葉が最初に来た時に

上手く発声が出来ないんです

 

だから他の人は何気なく授業で当てられて

ただ教科書を読んでいるだけかもしれませんけど

この何気ない一コマが

自分にとっては地獄でしたよ

 

言葉が出ない時どうしていたかと言うと

ワザと何処を読んでいるか分からないフリをして誤魔化して

言葉が出るタイミングを待ったり

漢字とかであれば読めないフリをしたり

まぁでも自分の場合は全ての言葉が詰まってしまう訳では無かったので

そこは唯一の救いでしたね

 

もちろん親にも何度か相談しましたが

家で普通に話せている自分を見ているので

『緊張してるだけでしょ?』

『気にしない方がいい』と言う感じで

あまり深刻に捉えてはもらえませんでした

 

確かに四六時中言葉が詰まってしまう症状が出ていれば

受け止め方も違うと思いますが

自分の場合は緊張している時や

静かな空間で話す時

こんな時に吃音になりやすい気がします

 

ただ精神的にちょっと不安定な時などは

友達と話していても言葉が詰まる時もあるので

自分でもよく分かりません・・・

吃音症で悩んだ日々

吃音症で1番キツかったのはやはり学生時代かなと

今振り返っても感じています

授業での発表や教科書読むの

毎回キツかったな〜

一時期自分の名前の最初の言葉が

スムーズに話せない言葉になってしまい

自己紹介とかも本当に嫌でした

 

そして社会人になってから嫌だったのが電話対応でした

会社名がスムーズに出ない言葉とかだとかなり厳しかったですね

自分の場合は例えば

ニホンと言う企業に勤めていたとして

二ホンのニと言う言葉が詰まってしまう時期は

母音の同じような言葉で代用していたのです

 

例えば二ホンならイホン、キホンなど

自分がスムーズに言える言葉に置き換えたのです

電話の最初の出だしの部分なんて相手もそこまで聞いてないし

これで今までは乗り越えてきました

 

でもこの置き換えるやり方は吃音症の方はかなり使えると思うので

ぜひとも試してほしいです!!

40代になった吃音症とどう付き合っているのか?

ここからは今吃音症で悩んでいる

特に若い世代の方に伝えたい

 

自分も吃音症に苦しんで来ました

 

特に学生時代や就職してからも

かなり悩んだ時期もありました

 

でも自分の場合は20歳、25歳、30歳と

年を重ねる事にちょっとづつ普通に話せる様になってきました

 

何故なのかは分かりません

いつの間にか普通に話せる様になるんです

 

そしてこの大人になったらいつの間にか吃音症状が緩和されているのは自分だけではなく実に多いのです

ある統計では吃音症は100人に5人がなり

その5人中4人が大人になると症状が改善されると言います

 

フジテレビ朝の情報番組『とくダネ』のメインキャスター

小倉智昭さんも吃音症だったんです

信じられないでしょ?

吃音症でもアナウンサーになれるんです

 

昔の総理大臣の田中角栄さん知っていますか?

あの方も吃音症だったんです

吃音症でも総理大臣にもなれるんです!!

 

だからこそ今の辛い時期を乗り越えてほしい

そう言う自分も完全に吃音症を克服した訳ではありません

今でも毎日とまでは行きませんが

やはり週に何回かは言葉には詰まる時はあります

 

でもね40代にもなると

もう吃音症で悩むことも無いし、ハンデでも無いと思う

言葉に詰まれば他の言葉で伝わる様に言い換えれば良いですし

詰まったまま言い切ってしまえばいい

 

それで笑われる事もありましたが

自分はもう気にもしなくなりました

 

治療法も薬もない

周りからの理解も得られにくい

それが吃音症なんです

今は大きな悩みかもしれませんが

大人になったら小さな悩みに変わります

だから希望を持って今を乗り越えましょう!!

タイトルとURLをコピーしました