サイズの大きいロードバイク、クロスバイクに乗る事のデメリットは何なのか?

ロードバイク
スポンサーリンク

自転車に関しては道路を走行する事もありますので

安全面を第一に考えるならば

ジャストフィットするものが良いのは当たり前の事です

だから大きいサイズや小さいサイズの自転車には

乗らない方がベストです

 

一般的なママチャリやシティサイクルは

24インチ、26インチ、27インチと

タイヤのサイズで自分の体格に合った自転車を決めます

だからある意味ザックリとしたサイズにはなります

 

一方でスポーツバイクになると

実はフレーム毎にサイズがあるんです!!

 

”自分に合った丁度良い自転車に乗れる!!”と言う事で

メリットが多い様に思われますが

このサイズが細かく分かれている事で

自分の欲しいサイズの自転車が手に入らない事もあるんです・・・

 

何故かと言うとスポーツバイクはイヤーモデル製で

1年毎にモデルチェンジしていきます

自転車屋さんも基本的には1年間で売り切りたい為

大量に仕入れる事はしないんです

 

自分の場合は安くロードバイクを買う為に

型落ちモデルを狙っていました

実際に購入した時に最寄りの店舗には

欲しかったメーカーのロードバイクはありましたが

自分に合うサイズのロードバイクが売り切れていて

ワンサイズ上のモノしか在庫が無かったんです・・・

 

でもどうしてもそのモデルのロードバイクが欲しくて

その自転車屋さんの系列店舗に在庫の確認をしてもらい

少し遠方ではありますが

ようやく自分に合ったサイズのロードバイクを購入する事が出来たんです

 

 

でもここで一つ疑問が・・・

 

もしもあの時お店に在庫が合った

ワンサイズ大きめのロードバイクを選んでいたらどうなっていたのか?と言う事

 

自分の様なケース以外にも

例えば知人から譲り受けた場合や

家族が乗らなくなった自転車に乗る機会もあるかと思います

 

今回は自分に合わないサイズの自転車に乗った場合に

どの様なデメリットがあるのかを調査していきます!!

 

大きめサイズの自転車に乗るデメリットとは?

大きめサイズのスポーツ自転車に乗る最大のデメリットは

丁度よいポジションで走る事が出来ない!!

 

 

スポーツ系の自転車は設計者さんが乗る人の身長を考慮して

どうすれば快適に走る事が出来るかを考えて

自転車の構造を設計しているんです

 

大きめサイズの自転車の乗るとどうなる?

●ハンドルの位置が高くなる

●ハンドルまでの距離が遠くなる

●サドルの高さは低くしないといけない

 

ハンドルが高くサドルが低いこの状態は

よくよく思い返してみてください

ママチャリの姿勢と同じ!!

 

更にハンドルまでの距離が遠くなることで

かなりアンバランスな姿勢になってしまうんです(^^;)

そして大きめサイズの自転車は

前傾姿勢が取り辛くなってしまいます!!

 

このブログでも以前勉強しましたが

自転車に乗車時に掛かる抵抗の大半は

空気抵抗です!!

 

空気抵抗が快適な走り阻害するんです

だからこそ前傾姿勢が取り辛いと言うのは

スポーツ自転車にとっては致命的な問題になってしまうんです

 

 

サイズ感に迷ったら小さいサイズが良い!!

自分は基本的には”大は小を兼ねる”と言う言葉が大好き

何でも大きめサイズを選んでしまいますが

 

自転車に目を向けて見ると

自転車は小さめを選んだ方が良いのです!!

実際に自転車屋さんでサイズ感の相談をした時も

大きめor小さめで迷った時は

小さめサイズを勧められましたし

もちろん適正サイズ内でのお話です!!

 

適性を超えて小さいサイズを選んではいけませんよ・・・

 

 

小さめサイズの自転車に乗るとどうなる?

●ハンドルの位置が低くなる

●ハンドルまでの距離が近くなる

●サドルを高くする事が出来る

 

結局小さいサイズにした方が

ハンドルは低くなりサドルは高めに設定できますから

より深い前傾姿勢が取れるんです!!

 

高低差が付けやすく前傾姿勢で走れる

これはスポーツバイクにとってはかなり大きな意味を成します!!

 

 

フレームサイズは変えられない、だからこそ慎重に!!

自転車は色々なパーツを追加したり交換したり

走りやすくカスタマイズしていくのも楽しみの一つです

 

大概のパーツは変える事が出来ますが

残念ながらフレームに関しては変える事が出来ません

専門的な知識があれば出来るのかもしれませんが・・・

 

とりあえず今回皆さんに伝えたかったのは

自転車のサイズは実は結構重要だという事です

 

『自転車屋さんに在庫が無いから・・・』

こんな理由で自分に合わないサイズの自転車を安易に購入するのは

お勧めできません!!

 

でも実際に大きめサイズを選ぶ人もいますし

もらい物の自転車に乗る事もあるでしょうし

あくまでもスポーツ系の自転車を購入する際の一つの参考になれば幸いです

 

タイトルとURLをコピーしました