ヤバい!!自転車の”鍵”無くした・・・、そんな時に僕たちが出来る事は何がある?

ロードバイク
スポンサーリンク

 

今でこそ自転車の鍵って色々な種類がありますけど

ひと昔前の自転車の鍵と言えば

鍵を差して開けるタイプが多かったと思います

 

名前が分からなかったので調べてみたら

リング錠・馬蹄錠と言われるタイプでした👇

リングロック(馬蹄錠) グレー

画像出典:Amazon

 

 

そしてこのリング錠の最大のデメリットは

鍵を持ち歩かないといけないという事!!

 

 

買い物途中で鍵を落として無くしたり

どこかで鍵を置き忘れたりしたら自転車に乗れなくなります

 

それが嫌なので個人的にはダイアルタイプが好きですし

今使っているのも自転車の鍵もダイアルタイプです👇

鍵を持ち歩かなくて良いから便利なんですよね!!

 

でも実際に一般的な自転車では

まだダイアル式よりも鍵を使用するタイプの方が多いと思います

 

今回は”自転車の鍵を忘れた、無くした時はどうすれば良いのか?”

こんなテーマで書いて行きます!!

 

 

自転車の鍵を無くした時に出来ること

 

自力で破壊する

自宅で鍵を無くした場合は

まずは自力で破壊すると言う方法があります

 

実際に100円ショップに売っているワイヤータイプの鍵を

以前使っていた時期があったのですが

この時に鍵を無くしてしまい

ニッパーで無理矢理切った事が過去にありました

 

”自分の力では切れないかな・・・”って思いましたが

思ったよりも簡単に切れましたよ!!

 

 

スペアキーを取りに帰る

出先で鍵を無くした場合等の対応として最も多かったのは

自転車をなるべく盗難されにくい場所に置いて

一旦自宅まで公共交通機関を利用して帰り

翌日に合鍵を自宅から持って行くと言う方法です

 

鍵を破壊して買い直すとなれば

また数千円出費が出ますから

無理に破壊するよりも

駅やバス停の近くならこの方が良いですね

 

 

自転車ショップに持ち込む

たまたま自転車屋さんが近くにある場合は

車で自転車を運ぶか

鍵が掛かっているタイヤを持ち上げながら

自転車屋さんに持ち込む事で

鍵を破壊してもらう事が出来ます

 

リング錠タイプの鍵を破壊してもらう際の工賃は

500円~1,000円位が相場のようです

 

その際に新しいリング錠をその自転車屋さんで購入すると

破壊する費用をタダにしてくれるサービスをしているお店が多いようです

 

新しい鍵代金、破壊費用、取り付け費用合わせて

1500円~2000円位が相場となっています

 

 

鍵屋さんに連絡する

鍵屋さんと言えば家の鍵を無くして家に入れない時などに頼むイメージですが

調べてみると自転車の鍵開けにも対応してくれるんですね

 

ただし言葉は悪いですが

アホみたいに高い!!

一般的には5,000円位からとなっていますが

実際に某有名な鍵の専門店で調べたところ

 

作業料2,200円+技術料6,600円+出張料金4,400円

合計金額13,200円

 

さすがに自転車の鍵の為に

ここまでの金額は払えないから!!

この選択肢は無しかなと思います・・・

 

 

交番に持っていく

最後にご紹介したいのが

交番に持って行くという方法です

 

実は交番に持ち込むことで

無料で破壊してくれます!!

 

そんなことまでしてくれるのか!!って思いました

だから近場に自転車屋さんが無くても

交番があれば自転車を持ち込むことで

とりあえず破壊することは出来るんですって!!

 

 

最後に大事な事が一つあります!!

ここまで色々と書いては見ましたが

実は大変重要な事が一つあります

それはですね・・・

 

防犯登録している自転車でなければ

対応してくれません!!

 

考えてみれば確かにそうですよね

その辺で盗んだ自転車を持ち込んで

鍵を破壊してくれたらとんでもない世の中になってしまいますから!!

 

だからこの自転車防犯登録と身分証明できるものが必須です

 

自力で破壊するという方法であれば不要なのですが

やはり防犯登録は色々な意味で必要な物だったんですね

タイトルとURLをコピーしました