ロードバイク

いつかこのロードバイクともお別れが来るのね・・・、自転車の寿命は何年くらいなのか?

2021年8月8日

先日会社の同僚が車を買い替えたと言う話をしていた

10年前に買った車だったという

走行距離は実に20万km!!

 

個人的には車は10万km走れば壊れると思っていましたが

最近の車は思ったより走るんですね(^^;

 

買い替えた理由はエンジンが掛からなくなって

修理に出すのもバカバカしいから買い替えたようです

 

その話を聞いてふと思ったんです

自分のロードバイクもいつか買い替える時が来るのかなと・・・

 

自分がロードバイクを始めたのは2年半前の事です

だからロードバイクもそんなにガタが来ているイメージはありません

 

でもこの先10年乗り続けたら

いつかは乗り換える日が来るのかもしれない

 

そんな時にこんなブログの記事を目にしました👇

BD-1(2000年前後製)にお乗りの方は注意してください

 

東京の西荻窪にある創業103年

老舗の自転車屋”和田サイクル”さんのブログで

注意喚起の為に期間を空けて何度も投稿されているものです

 

正直このブログを見てもらうと

自転車の寿命に関する答えは出てしまうのですが・・・

一応当ブログも見てくださいね(^^;)

 

 

きっとどんなに大切に乗っていても

いつか別れは訪れる

『本当に大切に乗ってるの?』って言われると何も言えませんけど・・・

 

今回はロードバイクの寿命について考えて行きたいと思います!!

 

ロードバイクの寿命はどの位?

よくよく考えると今まで乗ってきた自転車って

自分は3年以上乗った事がない

 

今まで乗ってきた自転車は

ホームセンターで一番安く売っているママチャリだったり

自転車屋さんで安く売っている中古のママチャリだったり

特に思い入れも無いから

数年経ってボロボロになったら買い替えたり

引っ越す時に買い替えたりしているからです

 

だから乗りつぶすまで走った経験が自分にはありません

でも今回のロードバイクに関しては

愛着もありますし出来れば長く乗りたいと思うんです

果たして現在乗っているロードバイクの寿命はいかに?

 

フレームの寿命がロードバイクの寿命なのかもしれない

タイヤやチューブなどの消耗品は

取り換えればいいんですが

フレームとなると少し厄介ですね

 

それでもロードバイクの中心となるパーツはフレームです

フレームの寿命がロードバイクの寿命と言っても過言ではありません

 

”フレームを変えればまだ乗れる!!”

確かにそれも考えましたが

正直フレームを変えた時点でもうそれは別のロードバイクだと思うんです

 

あと素人の自分がフレームからパーツを外して

再度調整をしながら新しいフレームに付け替えるのは

ちょっと現実的では無いとも考えました

 

 

アルミフレームの寿命は意外と短い?!

今回は自分が乗っているアルミフレームの寿命で調査しています

割と強いイメージがありますが

寿命は5年〜10年と言うのが一般的です!!

 

冒頭でも紹介しました和田サイクルさんのブログでも書いていますが

アルミフレームは”4年目から経年劣化が進み出す”との事です

 

また自転車メーカーによっては

取扱説明書などにも自転車の寿命に関する記載もあるようです👇

画像出典:cycleurope.co.jp

 

アルミフレームの経年劣化が始まるのは4年との記載があります

やっぱり経年劣化4年説が正しいのかな

 

フレームの寿命が5年~と言う話をもとに考えると

何となくつじつまは合います

 

やっぱり4年目位から少しずつフレームの劣化が進み

細かいひび割れが負荷のかかりやすい部分から入り出すんでしょうね

だからこの頃から定期的に良くフレームを見る癖を付けた方が良いのです

 

もちろんあくまでも一般的には5年〜10年と言うだけで

日々のメンテナンス等でも変わってきますし

走行頻度や走行距離、乗っている人の体重でも大きく変わるのかなと思います

 

それこそご年配の方などが

それいつの時代の自転車??って言う自転車に乗っているのを

見かける事もありますからね

 

 

自転車にほとんど乗っていなくても経年劣化は進む!!

 

ちなみに今回調べてい以外だったのは

全く乗っていなかったとしても

経年劣化は進むと言う事です!!

 

パーツからの圧力

フレームは自転車のベースとなるパーツです

色んな部品がフレームに固定されたり

またワイヤー等でも引っ張られたりしています

 

考えた事もなかったけど

実はただそれだけでもフレームに負荷が掛かっているんです

 

だからその何気ないパーツからの圧力でも経年劣化は進むんですね・・・

 

 

サビによる劣化

一般的にアルミフレームはサビにくいと言われていますが

それでも少しずつサビは進行していきます

”雨の日に乗らなければ大丈夫でしょ!!って思いましたが

アルミの酸化に関しては空気中の物質と結合する事でも起こるので

結局は乗らなくてもサビるという事です

 

しかも乗る頻度が少なければ

なおさらメンテナンスもしていないので進行に気がつけない

こんな感じですかね・・・

 

 

まとめ

 

今回調べて分かった事をまとめてみるとこんな感じです👇

 

●アルミフレームの寿命は5年~10年

●経年劣化は4年目から始まる

●乗らなくても劣化は進む

こんな感じですね!!

 

だから今自分が乗っているロードバイクに関しても

購入から2年半が経っているという事は

早ければあと2年半で買い替えなのかな?

 

でもたったの5年で自分はロードバイクを手放したくはない!!

 

悪あがきかもしれませんけど

もう少しメンテナンス頻度を上げて

出来れば10年くらいは乗りたい!!

-ロードバイク