ロードバイク

ドロップハンドルの下ハンを僕は全く使わないのだが・・・、下ハンにどんなメリットがあるの?

2022年8月2日

ロードバイクを始めてから

気がつけばいつの間にか3年半が過ぎようとしている

 

コロナ禍の生活の中で乗る回数が減りましたので

ロードバイク歴の割には相変わらずな走り方をしていますけどね(^^;

 

今回はロードバイク特有のドロップハンドルに関してのブログを書いて行くのですが

『さすがに3年半もロードバイクに乗ってたらドロップハンドルも慣れたものでしょ?』

そう思われるかもしれませんが

個人的には未だに慣れて無いんです・・・

 

だって未だにフラットと言われる部分をメインで使っています👇

フラットはいわゆる普通の自転車のハンドルと同じような部分ですね!!

 

この部分をメインで使っているって・・・

 

ドロップハンドルの意味がない?!

 

 

今回はそんなドロップハンドルの中でも

3年半のロードバイク歴を通しても

2,3回程しか使った記憶がない

下ハンドル!!

 

 

この”下ハンドルのメリット!!を調べていこうと思っています!!

 

 

ドロップハンドルの下ハンドルを使う事で何が変わる?

今までほとんど触れた事すらない

ドロップハンドルの下ハンドル・・・

 

それでは下ハンドルと言うポジションにはどの様なメリットがあるのでしょうか?

 

 

下ハンドルのメリット① 前傾姿勢によって空気抵抗が少なくなる

スポーツバイクはサドルとハンドルの高さが同じくらいなので

普通に上側のハンドルを握っていても

ママチャリなどに比べると前傾姿勢が取りやすいのでが

下ハンドルを握る事によってより低く前傾姿勢を作る事が出来ます

 

前傾姿勢を取る事でどの様なメリットがあるのかと言いますと

”自分自身に受ける空気抵抗を減らす事が出来ます”

 

ライド中に受ける空気抵抗の8割が

自らの体に受ける風による抵抗ですので

だから向かい風が強い日などはより深く前傾姿勢が取れる

下ハンドルには大きなメリットがあると言えます

 

 

下ハンドルのメリット② 安全に走行する事が出来る

自分はフラットと言われる部分をメインで使っていると冒頭で話しましたが

自分が乗っているジャイアントのコンテンド2には

サブブレーキと言うブレーキが付いているんです👇

 

なのでフラットの部分を握っていてもブレーキが出来ますが

一般的なロードバイクにはサブブレーキなんて付いていないので

普通のロードバイカーの皆さんはブラケットと言う場所👇

このブラケットと言うポジションであれば

ブレーキやギアの切り替えも容易に行えますので

このポジションを握って走る方が多いと思います

 

しかしこのポジションにも少し不安要素が・・・

 

普段走る道路の路面状況も一定ではありませんよね?

路面状況の悪い道では凸凹の道もあります

そんな時にしっかりと握りこめない

ブラケットでは衝撃によって手が離れてしまう事もあるんです

 

そういう面で下ハンドルはグリップ力が高いのです!!

これも安全面を考えたら大きなメリットかと思います

 

 

下ハンドルのメリット③ 力が入りやすい

プロのロードレーサーの方を見ても

最後のゴールまじかでスプリント勝負になった時に

下ハンドル+ダンシングで全力疾走するシーンをよく見ます

 

下ハンドルと言うのは先ほども書きましたが

まずは空気抵抗が減ります

先ほども少し触れましたが

自転車において空気抵抗の8割は自分の体に受ける風です

だからこそスピード勝負のスプリントでは前傾姿勢で走ります

 

また下ハンドルを握ってダンシングする事で

重心が前方になる事でペダルを踏み込む力がアップします

そしてブラケットを握るよりも下ハンドルを引く力が強くできますので

下半身だけでなく上半身の力も使えるのです!!

 

まとめ

今までほとんど出番がなかった

下ハンドルに関して今回は調べてみました!!

ドロップハンドルの下ハンドルのメリット

・前傾姿勢で空気抵抗が減る

・走行中の安全性が上がる

・力強く走る事が出来る

 

様々なメリットがあるという事なんですね

 

基本的にフラットポジションで走っている自分ですからね

下ハンドルの前に

”まずはブラケットポジションで走れる様になろう!!”

 

そう思う40代の今日この頃です(^^;

 

 

-ロードバイク