転職

退職代行サービスって何をしてくれるの? 利用するメリット、デメリットを考えてみる

2022年9月28日

退職代行サービス

初めて聞いたときは度肝を抜かれた記憶があります

個人的には長年お世話になった会社を辞めるとき位は

自分で退職手続きをするのが礼儀だと思っています

 

だから退職代行なんて考えられない!!

そう思っていましたが

 

退職理由も人それぞれ様々ありますし

”これ以上会社には関わりたくない”

”これ以上会社には行きたくない”

そこまで追い込まれている方もいるんだと思う

 

今回のブログでは

”退職代行サービスは何をどこまでやってくれる?”

こんなテーマで料金や体験談なども調査していきます

 

 

目次

退職代行サービスは何をしてくれるのか?

今現在40代の中盤に差し掛かろうとしている私ですが

自分自身も3年ほど前に退職を経験しました

自分の場合は退職代行サービスは利用していませんので

全て自分で行っています

 

それでは退職代行サービスとは何をしてくれるのでしょうか?

退職代行サービスとは👇

退職を希望する本人に代わって

会社側に退職の意思を伝え、手続き行うサービス

 

退職代行サービスでやってもらえる事(弁護士事務所)

・退職意志の伝達

・退職に関する事務手続き(離職届、源泉徴収など)

・引継ぎなどに関する交渉

・貸借物の返却

・退職日の交渉

・有給休暇の取得交渉

・未払い給料、退職金の交渉

 

一般的に自分で行う退職の際には上記の事は全て自分で行いますので

3年前に退職を経験したから言わせてもらいますと

正直退職と言うのは

”かなりのパワーが必要なんです!!”

 

 

その点退職代行サービスがやってくれる事を考えてみると

”会社を辞めたい!!”そう思った瞬間から

退職代行業者さんが間に入ってくれますので

”かなり楽なんだと思うんです”

 

 

ただし!!!!!

 

 

 

ここからがかなり重要なのですが

退職代行業者さんには3つの種類があります

①弁護士事務所による退職代行

②労働組合による退職代行

③民間企業による退職代行

 

退職代行サービスでやってもらえる事は

すべて一律ではありません!!

 

退職代行の運営元 料金の相場 意志の伝達 退職時の交渉 法的・トラブル対応
弁護士事務所 5万円~
労働組合 2万~3万
民間企業 2万円

 

 

①弁護士事務所による退職代行

今回調べて見て知りましたが

弁護士さんは退職代行と言う言葉が知れ渡る前から

弁護士業務の一環として退職代行と言う仕事は行われていたんです

 

そして弁護士は退職する本人の代理人として退職時の手続きや交渉が出来ますし

・ハラスメントを受けていたので慰謝料の請求をしたい

・会社から報復で損害賠償請求された

こんな場合でも弁護士さんなら対応してくれます

 

 

②労働組合による退職代行

弁護士が行う退職代行以外にも労組組合であれば

団体交渉権を持っていますので退職時の交渉や請求などを行う事が出来ます

 

その為退職代行業者の一部は誰でも加入する事が出来る

”合同労組”と言う労働組合を結成し

退職代行を希望する方に一時的に加入してもらう事で

会社との交渉を代わりに行う事が出来ます

 

 

③民間企業による退職代行

弁護士事務所や労働組合以外の

一般的な退職代行業者は

・退職者の意思を会社側に伝える

・会社側の要望を退職者に伝える

この位の事しか出来ないんです

 

しかし会社側から拒否されなければ費用を安価に抑える事が出来ます

 

 

退職代行サービスを使った成功例と失敗例

お金をかけてまで退職代行はしたくない

確かに退職時はお金の心配もあります

 

それでも退職代行を利用するメリットとは何なのか?

退職代行の成功例と、失敗例を調べていきます!!

 

退職代行サービスを使って成功する人

退職代行サービスを使って成功するのはどの様な人なのか?

 

今回実際に退職代行サービスを利用した方の体験談をたくさん読みました

”個人的には退職代行サービスを使うのはどうなの?”って思ってしまう自分ですが

退職代行サービスが以下の様な場合もある事を知りました

・退職を認めないブラックな会社

・精神的に限界を超えてしまった場合

 

ワンマン社長の無茶ぶりがまかり通るような会社では

脅しにも似た様なケースもありまして

『簡単には辞めさせない』

『辞めるんなら今月分の給料や、退職金は払わない』

この様なありえない発言が飛び出す事もあるそうです

 

確かに常識が通じない会社に勤めていた場合

会社を辞めるのも一苦労でしょうし

第三者である退職代行に頼むのも頷けます

 

実際にこう言う無茶を言う経営者に限って

弁護士等が入ったと途端に手の平を返したように

すべての条件を受け入れてくれると言います

 

また精神的にダメージが大きく会社に行きたくないと言うよりも

会社に行けないケースの場合もあります

その様な場合でも退職代行サービスを利用する事で

会社と直接関わらずに辞められると言うのは大きいなと感じました

 

 

 

退職代行サービスを使って失敗する人

退職代行とネットで検索すると

”退職代行 トラブル”

”退職代行 失敗”

この様な検索ワードが出てきます

 

この様な方が失敗したと感じる原因は何なのでしょうか?

 

・安価な値段につられて業者を選んでしまった

・思っていた以上に時間がかかった

・お世話になった方への挨拶が出来なかった

 

退職代行サービスを利用して一番失敗談が多かったのは

退職代行業者選びです

口コミなどを見ずに値段の安さだけで業者を選んだがゆえに

・退職に関する交渉が一切出来なかった

・退職の手続きで出社するハメになった

一番最悪なケースでは

”入金後に連絡が取れなくなった”と言う詐欺まがいの業者も・・・

 

あと実際に利用した方の意見で多かったのは

”もっと早く退職出来ると思ったのに”と言う意見です

退職代行では”即日退職”と言う謳い文句が多いようですが

実際には2カ月くらいは掛かるという事です

 

だからすぐにでも仕事を辞めたい人には

自分自身で直接交渉するのが一番早いのかもしれません!!

 

 

また、嫌いなのは会社の経営陣だったり上司だったりで

同僚とは上手く行っていた人などは

『お世話になった人に直接挨拶出来なかった』

この様な話を話している方もいました

 

 

 

まとめ

今回退職代行に関して自分自身も興味がめちゃくちゃありましたので

かなり多くの実体験談や会社の口コミを見てみました

 

正直言ってしまえば

個人的にはお金が惜しいので

これからも退職代行を使う事は無いと思います

 

まぁ40代半ばですから会社を辞めるのはもう定年退職の時にしたいですよ!!

 

でも退職代行サービスを使う事で救われるパーターンや

残業代や、給料、退職金など

交渉次第で得をするケースもある事は大きな収穫かなと思いました

 

 

-転職